So-net無料ブログ作成

書籍「婚活したらすごかった」 [ふと考えること]

Konkatu.jpg本日は(最近かも知れませんが・・)、全くネタがありませんので、26日ラジオNIKKEIで放送の「伊藤洋一のRound Up World Now!」の中で紹介された8月16日発売の新書をご紹介します。

このブログの過去記事との整合は全くありませんし、読者の方には失礼かも知れませんが、雑誌「ナショナルジオグラフィック」で紹介される驚きの大自然や衝撃の画像よりも未知の世界で、東スポの見出しより興味津々ですので。

まんぐーすは未読ですが、絶対立ち読みすると思います。いろいろご意見もございましょうが・・・

●書名「婚活したらすごかった」

●新潮社の紹介文
突然、結婚したくなった四十代バツイチの著者が婚活で遭遇したのは、想定外の個性あふれる面々だった。初対面でホテルに誘うCA、情が深過ぎる銀座ホステス、八歳もサバを読むアナウンサー、詐欺スレスレの輩、やたらとムサい男たち……。
現実はものすごいことになっていたのだ。ネット婚活、お見合いパーティー、結婚相談所、海外婚活の現状を体当たりで取材した前代未聞、抱腹絶倒ルポ。超実用的婚活マニュアル付き!

●著者:石神賢介(イシガミ・ケンスケ)
1962(昭和37)年生まれ49歳。大学卒業後、雑誌・書籍の編集者を経てライターになる。人物ルポルタージュからスポーツ、音楽、文学まで幅広いジャンルを手がける。
三十代のときに一度結婚したが離婚。今回の婚活で出会った女性は総勢百名を超える。(本の中では、見かけは普通、貯金はあんまり無いと自己描写

●本の章立て
序章  誰かと生きていたい
第1章 気がつけば彼女は四つん這いだった ネット婚活編
第2章 刑務所の食事シーンが頭に浮かんだ お見合いパーティー編
第3章 男たちはあまりに消極的だった 結婚相談所編
第4章 日本女性はモテすぎる 海を渡って婚活編
終章  出会いとは仮免である

発行 : 新潮新書 735円
発売日 : 2011/08/16

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 2

婚活

この本を読んで婚活する上手く行くのですか?
私の婚活は失敗続きですが、
みんな上手いことやって婚活で成功しているのですね。
30を超え、親しい友人がどんどん結婚してしまい寂しい日々です。
でも、焦る必要なんかないと思いますよ。
婚活はおそらくやり方次第なんでしょうが、
私の場合、マイペースなので、なかなか波に乗れません。
とにかく友人のアラサー女子がどんどん結婚していくのが
とても怖い
by 婚活 (2011-09-01 11:45) 

アラフォーの婚活

私も最初はおっかなびっくりでしたが、
Q&Aですが、
理想が高くても良い婚活というのが
かなり良かったです。

by アラフォーの婚活 (2011-10-18 17:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る