So-net無料ブログ作成

テニアンで米軍作戦準備強化 [Air-Sea Battle Concept]

HornetCoralArrest.jpg米軍がテニアンで、本格的に「Air-Sea Battle」や「地理的に分散し、作戦面で打たれ強く」の実現に向けた動きを開始しました。持ち運び式の艦載機着陸制止バリアを持ち込み、テニアンで夜間を含む飛行訓練を開始したようです。
また、かつて日本に原爆を投下したB-29爆撃機の発進基地だった空港施設(滑走路を含む)の修復工事に取りかかっているようです。

4日付「Defense Tech」は・
●先月海兵隊は、第2次大戦後ながく殆ど放置されてきたテニアン島にある8000フィートの滑走路1本と歴史的なNorth Field基地施設を修復した。(注:North Fieldには並行して走る4本の滑走路がある)
●更に海兵隊は、空母の着陸降着装置をWest Field基地に設置した。

●最近行われた海兵隊の演習「Geiger Fury 12」は、「Air-Sea Battle」の理論を、この太平洋の島に設けられた荒削りな基地からの作戦で試すように計画されている
F/A-18が夜間West Fieldに着陸し、North Fieldで前線作戦基地準備が進む様子がビデオで公開されている
(下はFA-18ビデオのみ。冒頭にテニアン全体を上空から撮影した場面もあり)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Air-Sea Battleでは中国の第一撃を如何にしのぎ、中国によるA2AD戦略実行を阻止するかが重要課題であり、西太平洋地域の米軍戦力を「地理的に分散し、作戦面で打たれ強く」しておくことがポイントとなっています。

つまり中国の先制攻撃が間近になれば、戦力を分散して被害をしのぎ、その後も粘り強く生き残った基地基盤から戦う必要に迫られています

この方針は2010年QDRで既に明らかになっており、Air-Sea Battleを引くまでもないのですが、中国の弾道ミサイルや巡航ミサイル能力の向上や配備数増加が顕著な中、軍事的に見れば極めて常識的で自然な流れです

「1/2米中衝突シナリオを基礎に」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-12-28
「2/2米中衝突シナリオを基礎に」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-12-28-1
「補足米中衝突シナリオを基礎に」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-12-28-2

しかし4月18日付時事は以下のピンぼけ報道・・・
ASBM DF-21D.jpg●政府は18日、北マリアナ諸島の米自治領テニアンに自衛隊を駐留させ、米軍との共同訓練や演習を行う方向で検討。
●朝鮮半島情勢の緊迫化や海洋進出を進める中国の動きを念頭に、南西諸島の防衛強化が目的。今月下旬に発表する予定の在日米軍再編見直しの中間報告に盛り込む方向。

●テニアンは、米太平洋軍の主要拠点であるグアムに近い。現在、陸上自衛隊が年1回、米海兵隊とサンディエゴで共同訓練を行っている。
テニアンに拠点を持てば、南西諸島防衛に共同対処する米第3海兵遠征軍(沖縄県うるま市)との訓練が可能になる。
●駐留に伴い、日本側はテニアンにある米軍基地・施設の整備費を一部負担することも検討する。

この日本国内報道は誤解を招く報道で要注意!
●「南西諸島の防衛強化が目的」は誤解を与える表現で、本来の狙いを隠す狙いが
---米軍は、特に中国の弾道ミサイル等の脅威を避けるため、「地理的に分散」の観点からグアムへの一極集中を避け、グアム以外のマリアナ諸島内での分散用基地整備を狙っていました。
---この流れでテニアンに基地基盤を整備するため、日本に資金を提供させるのが目的と見るべきでしょう。

「テニアンは米軍代替基地」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-04-18

//////////////////////////////////////////////////////
IISS-2.jpg「頭隠して尻隠さず」
シャングリラ・ダイアログの質疑応答で明確になったように、アジア諸国は米軍のアジア太平洋関与強化に懐疑的です。
パネッタ長官はシャングリラでその懸念払拭に懸命でしたが、このような映像を流すことで、またベトナムのカムラン湾でパフォーマンス的な会見を行ったりで「関与」の信頼性向上に努力しています。

日本も同盟国なんですから、姑息な手法でごまかそうとせず、素直な目で情勢を見つめ、大衆迎合・マスコミ迎合でない、軍事的に真っ当な議論を行いたいものです。

「作戦面で強靱な」を目指す施策
「グアム基地を強固に」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-04-12
「嘉手納基地滑走路の強化」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-10-09
「米と豪が被害想定演習を」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-08-02
「グアムで大量死傷者訓練」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-02-08-1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る