So-net無料ブログ作成
検索選択

米空軍の小ネタ:オスプレイとB-52 [米空軍]

本日は米空軍関連の小ネタを2つご紹介です
744機も生産されたB-52爆撃機の末っ子(最も最近製造された機体)が50歳を迎えた話題と、米空軍のCV-22オスプレイ飛行時間2000時間を超えた機体が出たとのお話です

B-52爆撃機の末っ子が50歳に
B-52Young.jpg10月26日ボーイング社は、B-52の最終号機が空軍に引き渡されて50周年を迎えたと発表しました。
最終号機はB-52H「61-040」で、1962年の同日にノースダコタ州マイノット空軍基地に配備された機体です。

ボーイング社は1952年から63年の間に、多様なタイプのB-52を744機米空軍に納入していますが、「最新」のH型は1961年から63年の間に計102機が製造され、現在も76機が現役です

B-52は今後も改修を加えながら運用を続ける予定で、2040年を超えて80歳での活躍も予期されています
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

米空軍オスプレイが2000時間飛行を達成
CV-22-2000.jpg10月15日、米空軍の第71特殊作戦隊所属のCV-22オスプレイ(機番A0024)が、空軍の同型機として初めて飛行時間2000時間を達成しました。

同機は2002年製造のモデルで、初期型の常として多くの改修や装備の追加を経て今日に至っているようですが、立派に役割を果たしているようです

同部隊の整備担当者は
●オスプレイは整備に手間がかかるが、素晴らしい機体である。従来使用していた通常の回転翼機では考えられないスピードと航続距離が得られる。
●敵の脅威に対処する装備や地形追随レーダー、赤外線暗視装置、優れた電子装備を搭載しており、悪天候下での低高度運行や高い脅威下の中高度飛行が可能である

●第71特殊作戦隊でオスプレイを運用開始したのは2006年であるが、我が空軍特殊部隊では長距離の潜入や脱出ミッション、最前線への物資補給輸送任務に使用している

なお米国防省全体では、2011年3月に空軍と海兵隊を合せた飛行時間が10万時間を超えたようです
//////////////////////////////////////////

B-52H.jpgオスプレイには実績を積んでもらい、また或る日突然やってくるであろう「活躍の日」で一気に人気を挽回していただきましょう。その日まで・・

B-52爆撃機は、昨年紹介した際は2030年ぐらいまでの使用と言われていたのですが、今回の記事では2040年まで。80歳は確実でしょうから、次は100歳を目指していただきましょう

「50歳B-52は80歳まで」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-05-21
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る