So-net無料ブログ作成

イランSu-25が米無人偵察機を攻撃 [米国防省高官]

この発表が大統領選以前に出なかったのはなぜ?
・・・とも邪推したくなる11月1日の事案を、8日の定例会見で国防省のリトル報道官が発表しています

リトル報道官は8日の定例会見で・・・
LittleMOD.jpg11月1日、現地の朝4時50分ごろ、アラビア海(Arabian Gulf)で定期的な偵察飛行を行っていたMQ-1が、イラン軍のSU-25によって攻撃を受けた。
攻撃は公海上で行われ、場所はイラン海岸線から約16nm沖合いであった。MQ-1プレデターには命中せず、同機は基地に無事戻った

●海岸線から約16マイルの公海上で攻撃を受けたMQ-1はより沖合いに退避したが、イラン軍機はしばらく追撃してきた
●イラン軍機は少なくとも2回MQ-1への攻撃軌道を取り攻撃したと分析している

国防省は議会とホワイトハウスにこの事実を伝え、同時に(外交関係の無い)イランに対し「Swiss protective powers」を通じて次のように伝えた
predator.jpg●「米国はアラビア海の公海上での偵察活動を継続する。これは長年継続してきた当地域の安全保障への関与の一環である」
●我々の航空機は、国際社会で認知されている領海12マイル以内には決して侵入していない

●わが国の無人機が公海上で攻撃を受けた初めてのケースだと認識している。
●米国は、外交から軍事まで多様なオプションで対応できる状態にある。我々はわが軍の兵士や装備を守るため、必要時はそのオプションを行使する
////////////////////////////////////////////////////////

Su-25.jpgSu-25とは懐かしい・・・。米軍のA-10対地攻撃機をイメージして旧ソ連が開発した通称「フロッグフット」と呼ばれる足の短い攻撃機です
イラン軍のパイロットも、侵攻する艦艇や上陸した戦車の攻撃を訓練していたと思うのですが、まさか低速の無人機を相手にするとは予期していなかったことでしょう。
威嚇を意図していたのか、撃墜を失敗したのか・・・

国防省が米議会やホワイトハウスに「いつ」通報したのか気になるところです。対イラン強硬派だったロムニー候補にとって、有利なニュースだったような気がしますが・・

ちなみにイラン側は9日、バヒディ国防軍需相が「国籍不明機がイラン領空に入ったため断固たる措置を取った」と主張しています。
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2012111003620.html

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る