So-net無料ブログ作成
検索選択

カナダF-35購入見直しへ [亡国のF-35]

追加情報
カナダ時間12月12日の夜、カナダ政府は公式に、F-35購入決定を白紙に戻し、独立委員会を設置して機種選定をやり直すと発表しました

Public works大臣は・・
「我々はリセットボタンを押した。我が国は時間をかけ、可能な全ての機種を完全に検討対象にする」
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

F-35canada.jpg7日付カナダ紙「National Post」は、F-35のライフサイクルコスト(機体価格のみならず維持整備費も含めた総経費)高騰により、カナダ政府がF-35購入を白紙に戻す決定を行ったと伝えています

カナダは計65機のF-35を購入する意思決定を行っていたところですが、4月にカナダ会計検査院が機種選定を「不透明だ」厳しく非難するレポートを提出して以降、野党が政府を厳しく追及していました

「カナダ検査院国防省批判」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-04-04

「National Post」の報道によれば・・・
Harper-Canada.jpg●カナダのハーパー首相率いる内閣は、間もなく公表されるF-35のライフサイクルコスト見積もりが$30 billion(2.4兆円)を超えることから、F-35購入計画から撤退する
●内閣の次期戦闘機検討委員会は、4日の委員会でF-35購入の白紙撤回と機種選定やり直しで合意した模様。同委員会の決定を受け、内閣の優先事業計画員会が7日開催される予定

CBCテレビは、カナダ政府が他のオプションの検討に入ったと報じている
首相府の報道官は、新聞報道を「多くの点で不正確である」と述べ、内閣はまだ決定に至っていないと主張した

●カナダ政府は計65機のF-35を、維持費も含めた総経費$16 billionと見積もっていたが、多くの技術的開発トラブルによって経費が高騰を続けている
●これを受け、首相は本年2月、F-35購入機数の削減検討に言及していた。

「カナダもF-35に及び腰」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-03-14

●F-35は米国がリードする9カ国の開発プロジェクトである。英、伊、蘭、トルコ、豪、ノルウェー、デンマークが他のメンバーである。
●更にイスラエルとシンガポールが後に参加し、日本も42機の購入を表明している
//////////////////////////////////////////////////

きわめて自然な判断です。
F-35A NgtFt.jpg日本の会計検査院や政治家や市民運動家は、F-35計画と日本の購入決定のいい加減さをもっとチェックすべきですオスプレイなんかで騒いでいる場合ではありません。「亡国のF-35」(または「亡国の暴走列車」)を誰かが止めなければならないと思います。

兵器技術の拡散や中国の軍事増強は「お教」や「念仏」のように日々唱えられていますが、その結果が戦闘機命派や中国空母脅威先導派に操られ、怪しげな組織防衛やおもちゃ兵器の購入に充当されては、日本が持ちませんし防衛できません

戦闘機の役割や重要性は「大暴落」のさなかにあります

「脅威の変化を語らせて」
http://crusade.blog.so-net.ne.jp/2012-10-08
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 1

NICE

カナダの動き気になりますね〜。ちなみに、National Postの元記事ってネットでも見れるんですか??
by NICE (2012-12-09 15:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る