So-net無料ブログ作成

米空軍が強制削減に当面の処置 [米空軍]

DonleyP.jpg14日、空軍2トップが国防副長官に7日提出した「当面の強制削減対処策」が公開されました。
パネッタ長官等から示された大まかな方針に沿った当面の対応を報告するもので、「コアとなる軍の体制には直ちに影響がなく、回復可能なもの」を選択したと説明しています

強制削減が実行されるかどうかは未だ不明確だが、今から経費節減に取り組んでおかないと、2013年予算が無差別に18%以上減額される強制削減に対応できない」と苦境を訴えつつ、約20項目をリストアップしています。

開発プロジェクトの中止などは含まれていないものの、「reversible or recoverable」とは言え、回復に長期間必要な内容も含まれており、厳しい状況が伺えます

わずか2ページのペーパーですが後半部分には強制削減が発動された場合の対処方向性も示されています。
どこの国の軍事費も、固定費用が多くを占めているため、18%もの予算削減は部隊の活動を大幅に低下させないととても達成できません

2トップ署名入りのペーパーによると(一部)
WelshAF.jpg●航空機の定期修理や部品交換費用の約2割削減。これにより装備の稼働率が著しく低下
●アフガン等作戦地域を除く部隊の飛行時間の削減。これにより特に7月以降大幅に飛行訓練が削減され、即応態勢が大幅に低下
文民の採用中止や「furlough」による各種機能発揮能力の低下
●国際演習を含む各種訓練や演習の極限

強制削減関連は今後も種々の動きが予想されるので、現時点では細部を取り上げる気力が湧きません。ご勘弁を
///////////////////////////////////////////////

ドンリー長官が装備の老朽化を訴え
11日付の「AOL Defense website」で、ドンリー空軍長官が空軍主要装備品の老朽化を訴えています

各装備品の平均年齢を示し、分かりやすく苦境を説明しています
●救難救助ヘリ 22歳
●戦闘機 23歳
●練習機 25歳
●爆撃機 37歳
●空中給油機 50歳
●衛星も老化進展

F-35FrontB.jpgまた、空軍予算の3割を占める将来能力投資について、今後5年間の分野別比率を説明
●爆撃機と戦闘機 3割以上
●衛星や宇宙 2割以上
●輸送機 13%
●将来長距離爆撃 2%
/////////////////////////////////////////////////

とりあえずご参考まで

米空軍2トップの新年記者会見概要(11日)予算強制削減、宇宙政策、5世代戦闘機、情報融合の重要性等々・・→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-01-12-1

対中国作戦の鍵、新空中給油機KC-46の配備候補基地について。配備候補基地9つに、現在給油機の配備がある嘉手納基地はありません。中国の攻撃による被害を恐れたか・
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-01-11
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

coj21

空中給油機の件は考えすぎでは?米軍一番の虎の子である空母は日本に配備され続けてるし第一多分代替時期がくれば更新されると思いますよ
by coj21 (2013-01-18 17:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る