So-net無料ブログ作成
検索選択

トルコ高官がF-35問題を語る [亡国のF-35]

その前に・・速報です!
エンジンに亀裂発見でF-35全機飛行停止

F135 engine2.jpg加州エドワーズ空軍基地で、F-35Aに搭載されているF135エンジンのブレードに亀裂が見つかり、22日、海軍用及び海兵隊用F-35を含む全てのF-35に飛行停止指示が出ました
当該エンジンはコネティカット州にあるPratt & Whitney社に移送され、精密な調査が行われるようで、関係者によれば、調査が終了するまで飛行停止が継続するとのこと

米国防省は「F-35計画室は、Pratt & Whitney及びロッキードと緊密に連携てエンジンの安定性を確認し、早期に飛行が再開できるよう努める」とのコメントを発表しています

F135 engine.jpgエンジンのブレードは、高温高圧で燃焼する燃料ガスを受けてタービンを回転させる羽根で、その形状、材質、加工法等はエンジン開発の中核技術です。一国の工業力を総動員した「技術の塊」と言っても過言ではありません

そのブレードに亀裂で精密検査が意味するところは・・・。エンジン設計の根本を揺るがしかねないブレードの強度不足や設計ミスが明らかになれば、F-35計画は一気に失速墜落です。
続報に注目です
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

F-35transonic.jpg7日付Defense-Newsが、今年1月にF-35初号機2機の契約を延期を発表したトルコ関係者の話を報じています。

暗闇の中に一人でたたずむことはできない」との本音が垣間見え、F-35共同開発国の間に疑心暗鬼が広がっている様子が伺えますのでご紹介いたします

まずトルコのF-35購入計画とその状況
トルコは、英、加、伊、オランダ、豪、ノルウェーとデンマークとともに9カ国の共同開発国。F-4及びF-16の後継機として、100機のF-35を購入予定
●本年1月10日、F-35初号機2機の契約を、価格の高騰と機体の技術的な問題を理由として延期すると発表
その他未解決の問題
---2011年3月、トルコ側はF-35の「source codes」と呼ばれる機体制御ソフトへのアクセス権を求めたが、米側から期待した返答が得られず、100機の発注をホールド中
---2012年4月、トルコは高騰するF-35価格を抑制する策として、製造コストの安いトルコ軍需産業での製造分担を増やすことを提案

F-35を巡る他国の状況(一部)
昨年12月、カナダがF-35発注に関し「リセットボタンを押した」と宣言し、機種選定の見直しを開始
●カナダ発表の直前には、豪がF-35遅れを理由に、FA-18の追加購入24機を発表
イタリアは国家予算縮減の影響を受け、F-35発注機数の30%削減を決定
英国とオランダは、価格の高騰等の不透明要素を理由に発注延期の方向へ

トルコ国防調達庁(SSM)高官は取材に
F-35canada.jpg●価格や性能達成度が初号2機の契約延期の直接の要因だが、心理的な考慮が幾分か作用した結果である。つまりトルコは暗闇に中で独りぼっちになりたくなかったのである
●高騰する価格の中で、他の懐疑的な国々と歩調を合わせる方がより安全だと考えたのだ。「wait and see」することが賢明だと考えた

●他の調達庁高官は、F-35計画から離脱することは考えていないと語り、既に900億円近くを投入していることを背景に示唆した。一方で契約延期は無期限であるとも語った
●価格の高騰に関しては、トルコ国内産業のシェア増加で補償できると考えていると語った

●トルコ空軍幹部はF-35の調達が遅れた場合の代替手段として穴埋め機種を考える必要があると語り、調達庁高官はEurofighterではなくF-16を最悪の場合には考えると語った
///////////////////////////////////////////

F-35FrontB.jpg既に「負のスパイラル」に入った「亡国のF-35」の状況を示す典型的な事例です。暗闇でも一人歩みを止めないのが、後から参入した日本ですが、怖くないんでしょうか? 
それとトルコの対米交渉における強気の姿勢も見習いたい者です

最近は産経新聞の佐々木類記者や日本の主要な安全保障研究者の間でもF-35の「亡国」ぶりが共有され始めており、望ましい方向だと感じています
もっとこの導入業務に直接関与している現場からの「訴え」が必要だと思うのですが・・・

「トルコが契約延期を発表」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-01-12

最近の「亡国のF-35」カテゴリー記事15本
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/archive/c2302846744-1
タグ:トルコ F-35
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

外人さん、

F35は重すぎます。

by 外人さん、 (2013-02-23 09:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る