So-net無料ブログ作成
検索選択

インタビュー:初の女性戦闘航空団司令官 [米空軍]

2012年6月、以下の記事で初の女性戦闘航空団司令官誕生をご紹介しました。本日は、同女性司令官のインタビュー記事をご紹介です。女性先駆者としての「そうだろうな」と感じさせるお話です

まずは過去記事でLeavitt大佐をご紹介
////////////////////////////////////////////////////////////////////

Leavitt Col.jpg2012年6月1日、米空軍史上初の女性戦闘航空団司令官の誕生です。5700名を擁する第4戦闘航空団の司令官(F-15E部隊)に就任したのは、これまでも「女性初」の記録を多く残してきたJeannie Leavitt大佐(推定45歳)です。(6月4日付Daily archieves)

司令官就任直前は、CIAで米空軍派遣員のチーフを務めていたそうです。また過去に2度、第4戦闘航空団に勤務した経験を持ち、初回はF-15Eの教官操縦士や飛行隊の兵器運用幹部として、2回目は第333戦闘飛行隊長として、Seymour Johnson空軍基地では既にお馴染みの存在のようです

同大佐はこれまでも「女性初」の壁を
●女性初のパイロット教育コース首席卒業
●女性初の戦闘機パイロット
●女性初の空軍トップガン課程(Fighter weapons school)終了操縦者
(イラクやアフガンで300時間以上の戦闘飛行任務を含む、総飛行時間2500時間超)
http://www.seymourjohnson.af.mil/library/biographies/bio.asp?id=15663
/////////////////////////////////////////////////////////////////////

1日付Military.com掲載のインタビューで同大佐は・・
Leavitt3.jpg●1992年にフライトコースを首席で卒業する直前、私は教官からこう言われました。「君は首席で卒業だ。しかし君は戦闘機は選べない。爆撃機も特殊作戦部隊の航空機も希望できない」と。そして「選べないリスト」以外の航空機を選ぶように言われました
●しかし翌年、アスペン国防長官が女性の戦闘飛行職への道を開いてくれました。T-38の教官課程にいた私は、念願であった戦闘機操縦者としてF-15Eに搭乗できることを知りました。

●当時の司令部の担当者は、初めての女性戦闘機操縦者だからメディアの大きな注目を浴びることになると説明してくれましたが、私はただ戦闘機に乗りたかったので、厄介なことは望んでいませんでした
●アスペン長官の判断に皆が賛成だったわけではありません。多くの場合、人は変化に反対し、抵抗感を感じます。女性が戦闘機に搭乗することに反対の人もいました。
●私は世界を変えようとなど考えて挑戦したわけではなく、命ぜられた部隊で能力を発揮することに努めることにより、より理解されるよう努力して来ました

直属上司である第9空軍司令官は・・
Leavitt2.jpg私がLeavitt大佐をはじめて見たのは、1996年イラク南部監視作戦の大規模ブリーフィングの時だった。正直驚いた。女性をあのような場で見るのは初めてだったからだ。
●しかし間もなく、その驚きは賞賛に変化した。イラクの地対空ミサイルの脅威を受けた英空軍トーネード戦闘機を援護する任務で、彼女が無線を通じて話す内容から高い能力とプロ意識を感じたからである
●終始冷静で沈着に。潜在的脅威を的確に把握して任務を遂行する様子は、まさにプロの仕事であって、女性戦闘機操縦者の米空軍内での無限の可能性を感じさせられた。

●操縦技術だけでなく、指揮官としての資質も感じた。優秀なウイングマンの資質を備えた彼女には、指揮官の役割を正しく理解し、的確にサポートする能力がはっきり感じられ、それは正に優れた指揮官の資質であった
●彼女が最初の女性戦闘航空団司令官であることを語るつもりは無い。適時適切なタイミングで適材を配置したのである。プロの最適な指揮官を複数の候補者の中から選んだ。その結果が女性だったということだ
//////////////////////////////////////////////////////////

今でも女性の進出には、未だいろいろ議論があるのでしょうが、Leavitt大佐は立派に先駆者の役割を果たした兵士です

「女性兵士の職場が更に拡大」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-01-26

話題の第一線で活躍の女性
「女性だけの編隊で攻撃」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-04-04
「米空軍の兵站改革に女性が」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-05-21
「低酸素F-22と空軍初女性大将」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-05-09
「レーザー兵器の開発動向」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-04-01

「日系女性が国防省IT戦略を」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-10-27
「前政策次官のアジア政策講義」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-04-30
「サイバー戦の指揮も女性」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-05-06
「宇宙戦争の指揮は女性が」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-01-30
「ある特殊部隊女性の死」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-10-27

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る