So-net無料ブログ作成

米軍2014年予算案の研究開発重点は? [米国防省高官]

innovation.jpg17日付Defense-Techは、米国防省の研究開発関連高官や研究機関関係者が、16日の下院軍事小委員会で国防省の研究開発重点分野について語った様子を報じています

具体的には、サイバー防衛や子戦関連エネルギー兵器等々が重視項目として挙がったようです。複数の関係者の証言を掻い摘んでご紹介します

Alan Shaffer研究担当国防次官補代理
DOD shaffer.jpg●国防省のリーダーは、科学技術分野の投資を守る戦略的選択を行った。我々は将来のため、そして新たな技術面での脅威に対するため、この決断を行った
シリアの不安定さ、北朝鮮の脅威、中国からのサイバー攻撃等々の現実の出来事が、我々が追求すべき技術分野を導いている

●このような考え方の基、2014年度予算案では、研究開発の予算を前年より僅かながら増加して要求している。しかし一律9%の予算カットを求める強制削減で、多くの計画が研究者の雇用や大学等との共同研究等が危機にさらされている
大学への資金提供200億円削減等は、長期的に国防省や国家安全保障に負の影響をもたらすものである

特にアジア太平洋地域において、A2AD対応が国防戦略の焦点となっている。長距離弾道ミサイルに電子戦やサイバー戦を組み合わせた相手は、米軍の活動の自由をより困難にする。多くの専門家が指摘するように、10年前のような技術的優位はもはや存在しない

David Walker空軍科学技術担当次官補代理
AF Walker.jpg空軍はサイバー分野で統合をリードしており、サイバー技術に大きな重みを置いている。取得可能な価格で強靭なシステムや手法を提供した
●国防省の電子戦協議会でも、主導的にA2AD環境下で活動可能な電子戦技術の開発をリードしてきた。電磁波を操作することで、敵防空網を無効化するためである
●この一環として、最近エネルギー兵器の一つCHAMP(Counter-electronics High Power Microwave Advanced Missile Project)の試験を行い、相手の電磁信号への対応策を進めている

「電磁兵器CHAMP開発中」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-12-08

Matthew Klunder海軍少将(海軍研究部長)
Navy Klunder.jpg海軍はレーザー兵器LaWS(Laser Weapon’s System)の配備により、無人機、小型高速艇等々の脅威に対処する低コストの防護能力を付与する計画を持っており、現在は米海軍のUSS Ponceに試験搭載し、技術的試験や確認を行っている。
●レーザー兵器技術の成熟は、水上及び経空脅威に対抗する豊富な弾薬と適正価格の解法を与えるものとなる。この成功を他の分野でも実現させたい

「海軍がレーザー兵器へ前進」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-05-12
「CSBAビーム兵器へ投資を」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-04-20
「レーザー兵器の開発動向」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-04-01

Arati Prabhakar国防高等計画庁官
DARPA Prabhakar.jpg●彼女は電子技術とサイバー等の先進技術を大いに強調した。例えば、サイバー能力を戦術的に活用し、キネティックな能力を融合して使用する構想である。
●「我々は他の世界中の人が利用している技術に関し、大きな飛躍を可能にする次世代電子戦を構築しつつある」と語り、GPSへの依存を減らすナノテクノロジーを使った「IMU:Inertial Measurement Units」分野で成果を上げていると説明した
●「IMUは繊維技術で小型化を図り、電力消費を抑え、小型装備にも搭載可能サイズだ」とも説明した

Mary Miller陸軍技術研究担当次官補代理
軽量装甲車両(lighter-weight protective vehicle)の開発状況を説明し、現有車両を更新して近代化する30年計画を見直し中だと説明した
科学技術を現場部隊で生かせるように、そして現在と将来の脅威環境に適した部隊とするために、技術開発に取り組みたい。世界一の陸軍であり続けたい。
//////////////////////////////////////////////////

上記でご紹介したCHANPは、核爆発の際に生じるEMP効果を制御して兵器として活用するもので、なお且つ装備を飛翔体に搭載して使用することを目指すものです(確か・・)

「GPSへの依存を減らす」装備にも大いに期待です。日本の軍需産業も参画して協力し、利益につながれば尚いいのですが。

「2014年予算:軍種毎斜め読み」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-04-13
「ヘーゲル長官が予算案を語る」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-04-11

兄弟ブログ「輪になって踊らず」の新記事
「戦闘機の呪縛から離脱せよ!」http://crusade.blog.so-net.ne.jp/2013-04-16

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る