So-net無料ブログ作成
検索選択

米が韓に不信感!?:韓国は再処理や濃縮不可継続 [安全保障全般]

「戦闘機の呪縛から離脱せよ!」
http://crusade.blog.so-net.ne.jp/2013-04-16
戦闘機の機数を維持することだけに固執して思考能力を失い、搭載装備やISRアセット等を無視し続けた結果、何も出来ない組織に成り下がった我が空軍へ
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

KoreaNC.jpg24日、韓国外務省は「韓国政府による使用済み核燃料の再処理とウラン濃縮を事実上禁じた米韓原子力協定について、米韓は来年3月末までの有効期限を2年間延長することで合意した」と発表しました
18日まで行われた改定協議で、韓国は核燃料再処理などを認めるよう求めたが、米側は核拡散を懸念し、拒否しました。韓国は事実上、交渉に(とりあえず)失敗しました。

平たく言うと、米国は北朝鮮に核開発促進の口実を与えることを避け、同時に韓国の核兵器開発につながりかねない核燃料再処理やウラン濃縮に反対したと言うことでしょう。あくまで当面ですか・・・
韓国は、しつこく今後も3カ月毎に改定交渉を行うとしており、日本も射程内に入る射程1500kmの巡航ミサイルに続き、いつの日か米国を押し切る可能性があります。チョー要注意です

各種報道を総合すると・・・
Pak-Korea4.jpg●同米韓協定は1974年に発効。米国の同意なしでは再処理やウラン濃縮が出来ないと規定している。
●なお韓国は、北朝鮮と1992年に両国とも再処理や濃縮の施設を持たないと定めた「非核化共同宣言」を行っており、米間協定の改定は宣言無視ともなる

韓国は2010年10月から再処理と濃縮が可能になるよう改定を求めており、背景には使用済み核燃料保管施設が満杯になりつつあり、同時に海外への濃縮委託費が年間800億円にも上ることもある
日米間では、1988年の日米原子力協定で日本に再処理が認められており、韓国が日本に対抗心を燃やしていることも大きな背景との指摘もある

●米国内には、最近相次ぐ韓国有力政治家による「核武装すべき論」発言を受け、また一時は世論調査で核武装賛成が6割に達した韓国の核武装意図に対する根強い不信感があるといわれている。
●前ホワイトハウス調整官のセイモア氏は「韓国が再処理を開始した場合、北の「平和目的」主張を正当化し、北の非核化がさらに難しくなる」と懸念を示した

5月7日に米韓首脳会談が予定されており、その場がこの問題で紛糾することを避けるため、早めに当面の決着を行ったと見られている。
//////////////////////////////////////////////////

KoreaNC2.jpg25日の各種報道は、「北朝鮮の核開発に口実を与えない」との説明で本協定延長を伝えていますが、・・・は「韓国に対する米の不信感」との視点を前面に(願望も込め)ご紹介しました。

朴クネ韓国大統領の基盤は弱く、組閣にも長時間がかかっているようですが、「volatile:激情しやすい」韓国国民に振り回されることが懸念されます。
大陸の大国に面する「小さな国仲間」として、韓国とは仲良くしたいのですが、本当に要注意な国です。

「韓国軍需産業は元気です」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-02-23-1
「韓国がRQ-4を米国に値切る」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-12-27-2
「F-35:韓国は強気」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-06-20-1
「韓国がアジア国防副大臣会議」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-11-10-2

「戦闘機の呪縛から離脱せよ!」
http://crusade.blog.so-net.ne.jp/2013-04-16
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る