So-net無料ブログ作成
検索選択

士官17名処分:米軍核兵器部隊の苦悩 [米空軍]

「テレビを消せ」「部隊記章や制服を清潔に。髪を切れ」

ICBM-site.jpg9日付日本版CNNは、米空軍が核ミサイルの運用に当たる将校17名を、任務遂行能力の不足や勤務態度不良等により処分したと報じました。
処分された将校達は、ICBMミニットマン3を運用する部隊の士官で、同部隊の能力点検を行った上位部隊の副指揮官(中佐)が任務はく奪等の処分を決定した

9日、米戦略コマンド司令官が本件について議会で証言し、点検内容や処分程度を再精査しているが今の段階で問題はなく、処分対象の士官を的確に把握した点で組織は機能しており、当該部隊の任務遂行能力に問題はない、と苦しい言い訳を行っています

「核兵器部隊の沈滞」は2008年の「知らない間に核爆弾を搭載して米本土上空を飛び回っていた事件」で世の注目を集めた根が深い課題です。
いくら任務が重要だと言われても、60年以上ずーーーっと待機を続け、今後もながーーーーいスタンバイ状態が続くであろう部隊の「士気維持」は容易ではありません

また装備面でも、前空軍参謀総長が「忘れられた部隊」と自戒の念をこめて表現したように、運用部隊からの再三にわたる要求は無視され、核弾頭、発射施設、研究施設等の老朽化が著しい状態です。予算削減の中で、オバマ大統領が核兵器の大幅削減を検討しているとの「噂」が広がるのは、このような背景があります

まずCNNが報じた事件の概要
Minuteman3.jpg●処分されたのは米中西部ノースダコタ州Minot空軍基地所属の将校17名で、任務遂行に耐え得る技能水準を回復させる60~90日の集中訓練が命じられた。核兵器などの運用担当将校が再訓練を指示されるのは例年あるが、今回ほどの大規模な例は初めて
●空軍によると、うち1人の将校にはミサイル発射コードが暴露されかねない不手際が見つかり、懲戒処分が科せられている

●17人の「不適切な状態」は今年3月の査察で発覚した。技能評価はミサイル発射任務に関する22項目が対象で、当初は最低ラインでの通過だった。
●その後、発射コードの秘匿管理で不適切な行為が判明、規則違反行為と受け止められかねない行為と認識しながら報告しない怠慢も見つかった模様

処分を決定した副指揮官は事件発覚後、電子メールで「作戦グループの責務に失敗した」と自戒。「規則の違反者をたたき出せ。我々は今、危機にある」と軍将校としては異例の強い調子で警戒感を露わにした
●また同中佐から部下への伝達事項には、「テレビを消せ」「部隊記章や制服を清潔に。髪を切れ」「上官への悪口を言う将校がいたら私に即座に報告しろ」などの内容もあった

Kehler戦略コマンド司令官の議会証言
(9日下院の軍事委員会で)
Kehler AF.jpg同部隊幹部はミスを見逃さず、積極的(aggressive)に対処したのだ。また彼らはミスを指摘するだけでなく、その原因対処にも取り組んでおり、部隊状況の把握と改善が強化されている証である。
●17人は地下のICBM管制センターで勤務する少尉か大尉クラスの士官で、明らかになった問題を私自身も精査している。
●3月の部隊査察状況を査察官も派遣して確認中で、米空軍は詳細に細部を確認しているが、核兵器運用部隊全体の任務遂行能力レベルには依然自信を持っている。

●核関連部隊への要求レベルは高く、筆記試験と実地試験からなる部隊査察の厳しさを私自身も体験して承知している。現実の世界情勢下で直面しないような複雑なシナリオを用いた、厳しい試験である
●従って、部隊査察を満点で通過できるとは考えていないが、今回のケースでは厳しい査察を通過するレベルになかったのだろう。しかし繰り返すが、部隊全体の安全性や有効性までを疑うような状況ではない
//////////////////////////////////////////////////////////////////

2008年の「核爆弾の誤搭載」事件では、空軍長官と空軍参謀総長が同時に更迭される事態に発展し、その後も各種立て直し施策が継続されているようですが「道遠し」の印象です
(2名同時更迭の真の理由は、無人機導入やF-22製造打ち切りに反対したからとの説が有力)

Minuteman-III.jpg配置されている人材も、ちょっと風変わりな「オタク的」兵士が多いと聞いたことがあり、組織全体を変えるには時間がかかりそうです。
人とかかわる必要が少なく、決められたことをキチンとやってくれればよい。先の見通しはなく延々と繰り返されるが、給料と身分は保障し、社会保障もバッチリ・・・。そんな仕事を希望する若者が、今の日本には沢山いるのですが。

米軍核兵器の問題
「米核運用部隊の暗部」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-10-29
「米軍核戦力は大丈夫か」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2009-11-28-1
「米空軍核専用コマンド創設へ」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2009-08-08

「空自女性幹部の米核兵器論文」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-02-25-1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る