So-net無料ブログ作成

エアシーバトル公式文書発表 [Air-Sea Battle Concept]

「2020年に予定する米軍の姿の内、約8割は今と同じである。今後獲得しようとする新たな能力は極めて重要だが、大部分の革新的な進歩は、今からの訓練、教育、人的戦力管理、そして指導力開発に掛かっている」

ASB official.jpg米国防省のエアシーバトル(ASB)検討室が、公開可能バージョンのASB文書を初公開しました。
「ASB Concept, version 9.0」の公表用要約だという文書は実質12ページ(なのに6MBも!)で、2013年度執行計画(Fiscal 2013 implementation plan)も3ページ含まれています。

表紙には「version 9.0」が5月12日付、「implementation plan」は昨年9月12日付と記載されています。「version 9.0」ということは、2011年後半に当時のパネッタ長官が承認してから、既に8回も非公開の改訂版が出されている模様です。

これは柔軟性を示すものなのか、進歩を示すものなのか、それとも各軍種の意見を取り入れて「骨抜き」や「曖昧な総花的」傾向が強まっていることを示すものなのか・・。はたまた、オフショア・コントロール論にすり寄るように、柔らかいASBの方向に変化しているのか??

ざっくり申しますと、昨年2月と今年5月に海空軍トップが連名で発表した2つの論文の内容をきちんと公式文書化したもの、と考えて良いと思います(流れは逆かもしれませんが)。つまり、この眠気を誘う公式文書を読もうとされる方は、2つの論文を事前にチェックした後、公式文書に挑戦される方が良いと思います。

更に手前味噌ながら、「ASB Concept」カテゴリーの過去記事を半年分くらい眺めていただいた後に、公式文書をご覧になることもおすすめします
なお、公開版公式文書へはAF-Magazine記事内のリンクからアクセスできます

海空軍トップが連名で発表した2つの論文概要
「2012年2月の論文」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-06-19
「2013年5月の論文」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-05-21

「ASB Concept」カテゴリーの過去記事
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301176212-1

以下では、とりあえず文書発表を報ずるAF-Magazine記事をご紹介し、主要な章の第1印象をお伝えします。

6日付AF-Magazine記事の概要
ASB.jpg国防省関係者が長く言い続けてきた「公開バージョンのASBコンセプトを公表したい」との言葉が、今週初め、ペンタゴンにある小さなASB検討室によってやっと実現した。
●12ページの同公開文書は「ASBの目的は、単に作戦をよりJointで行うのではなく、全ドメインにおいて作戦優位を増し、軍の能力を向上させ、我の脆弱性を低減することにある」と述べている

●同文書は、A2AD脅威が突きつける課題を描写し、ASBがどのようなもので何を達成しようとしているのかを表現し、統合戦力育成にどのようにFitし、国防省がどのように遂行していくのかを示している。
ASBを全軍に定着させるための諸活動を示している。これには、訓練や教育、A2AD環境を組み込んだ演習、軍種横断的な戦法や手順の研究開発等が含まれる

全体の構成と概要(チラ見の印象)は
●INTRODUCTION
●ANTI-ACCESS/AREA DENIAL
ASB A2AD.jpg---A2ADの定義とA2ADの5つの特徴を説明。
---5つの特徴は、事前に警報等を発する余裕がない不意急襲、迅速かつ効果的な対応が求められる攻撃、米国及び同盟国領土も攻撃範囲、陸海空とサイバーと宇宙の全てのドメインが対象、全ドメインは関連があり一つも放棄できない、の5つ。

A2AD脅威をシナリオ風に分かりやすく表現したCSBAレポート
その1 http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-12-28   
その2 http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-12-28-1

●THE AIR-SEA BATTLE CONCEPT
---ASBはJoint Operational Access Concept (JOAC)を支えるコンセプトで、A2ADにどのように対処するかを描写したもの。対称及び非対称の両環境を考慮
---軍に求められる能力として、特に「networked forces」、「integrated forces」、「attack-in-depth」を強調する。
---上記能力を用いて、「disrupt」、「destroy」、「defeat adversary forces」を実行することを目指す

●ROLE IN JOINT FORCE DEVELOPMENT
ASB relation.jpg---統合戦力育成におけるASBの位置づけや役割を説明
---昨年2月発表の新国防戦略DSGや統合の上位コンセプトJOACとの関係、また並列関係にあるJoint Concept for Entry Operations (JCEO)との関係を説明
---広範な脅威を対称とするASBでは、単に装備や戦い方だけではなく、doctrine、organization、training、materiel、leadership、personnel、facilities (DOTMLPF)の分野全てでの一体となった取り組みが必要

A2ADとASB Concep及び本章については、昨年2月論文が詳しい
「2012年2月の論文」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-06-19

●IMPLEMENTATION
---ASBに関する2013年度執行計画の紹介部分
---執行計画の中身を11項目に分類し、その方向性を説明
---11項目には、厳しい環境を訓練や教育内容に反映、同様に演習に反映、下部コンセプトを作成、同盟国等とのコンセプトの共有と必要な能力造成、対A2ADのための試験や研究実施、統合全ドメイン指揮統制の試験実施、A2AD下での戦術・技術・手順開発、実戦的なシナリオでのASB演習実施、ASBに基づく統合の装備品調達、ASBや対A2ADをドクトリンに反映、各軍種の下部組織での関係強化

本章の具体的中身は本年5月の論文が詳しい
「2013年5月の論文」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-05-21

●CONCLUSION
(本文書の最後の一文より・・・)統合計画で2020年に達成しようとしている米軍の姿の内、約8割は既に今保有しているもので占められている。
今後獲得しようとする新たな能力は極めて重要だが大部分の革新的な進歩は、今からの訓練、教育、人的戦力管理、そして指導力開発に掛かっている
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ASB 3D.jpgいい加減なご紹介で申し訳ありませんが、なんと言ってもASBに関する「初の公式文書」ですので、一度は目を通す必要があるのでしょう。

是非コーヒー3杯飲んでから挑戦してみてください。JOACよりは短く、少しは図表が入っているので、粘れるかもしれません・・・。

海空軍トップが連名で発表した2つの論文概要
「2012年2月の論文」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-06-19
「2013年5月の論文」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-05-21

「ASB Concept」カテゴリーの過去記事
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301176212-1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る