So-net無料ブログ作成
検索選択

F-35A:初めてのミサイル発射 [亡国のF-35]

Twitterもよろしくhttps://twitter.com/Mongoose2011
Facebookもよろしくhttp://www.facebook.com/holylandsonettokyo

「尖閣問題棚上げ」に言及した中国軍副参謀総長の質疑応答を追加。他にも「核兵器の先制不使用」、「核心的利益」、「中印国境問題」等々にも言及 第12回アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアログ)特集記事→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-05-31
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

F-35_AMRAAM.jpg5日、空軍用F-35であるA型がソフトウェア試験の一環として「初めて」ミサイルを発射しました。

・・・とはいっても、何か目標を狙ったのではなく、単に搭載ミサイルに点火して射出することが出来るかを確認しただけのようですが・・・。

ちなみに、目標を狙う試験は本年末に計画されているそうです・・・。

試験はPoint Mugu海軍航空基地沖合いの太平洋上で実施され、AIM-120:AMRAAMを射出したようです。この試験は、米空軍が2016年に最初のF-35飛行隊を運用可能状態にするための搭載ソフト(Block 2B)の試験で、最低限の防御機能しかなく、要求性能を満たさないソフトです

F-35JDAM.JPG当初目指していた完全バージョンのソフト(Block 3F)は、JDAM、レーザー誘導爆弾Paveway II等も搭載し、要求性能を満たすものでしたが、この完成を待つ海軍のF-35導入は2019年になる予定だと先日発表されたばかりです。

ちなみに、日本が受け取らされることになる当初のF-35は、要求性能を満たさないソフト(Block 2B)を異なる回路に乗せた「Block 3I」で、機種選定の前提を無視された形になっています

「国防省発表:F-35運用開始時期」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-06-01
「ソフト開発と技術移転が課題」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-04-26
「亡国のF-35カテゴリ」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/archive/c2302846744-1
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「空飛ぶ広報室」に浮かれている場合か!
戦闘機数維持の空論に自縄自縛となり、若手の思考能力を凍結壊死させ、単に飛ぶだけの空軍に成り果てた我が空軍へ
 「戦闘機の呪縛から離脱せよ!」→http://crusade.blog.so-net.ne.jp/2013-04-16  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る