So-net無料ブログ作成
検索選択

中国製展示品(パリエアショー)が米国製にそっくり [中国要人・軍事]

19日、ヘーゲル国防長官がネブラスカ大学で講演し、サイバー分野は厳しい予算の中でも最優先事項だと改めて訴えています。
一方、そんなタイミングのパリエアショーでは、中国の航空産業が派手に米国製航空機とそっくりの戦闘機や無人機を堂々と展示し、話題を呼んでいるようです

19日ヘーゲル長官はオマハ分校で講演し
NebraskaU.jpg●サイバー攻撃は全ての米国組織にとっての安全保障脅威となってきており、米国の経済、産業、そして技術優位を危機にさらし、重要なインフラに脅威を与えている
●サイバー攻撃は見えず、攻撃源を探知することは難しい。しかしそれらは犯罪行為か戦争行為と分類されるものである
●攻撃側を特定することは不可能ではないが、陸上や海上経由で攻撃してくる相手を見極めるのとは異なる。かつて無い、根本的に異なるタイプの脅威であり、誤解や誤判断を招くリスクがある

●サイバー脅威対処の一つの方向は、利害を共にする国家間の国際協力であり、共通の対策を進めることである
●先週議会で証言したように、サイバー関連予算は引き続き最優先投資分野である。そして大統領と私は、2014年度予算案において、他分野を削ってもサイバー予算の増額を要望している

そんな中、パリエアショーの中国ブースでは・・・
China-copy.jpg●パリエアショーの会場で展示されている、中国の航空産業「AVIC:Aviation Industry Corporation of China」(中国航空工业集团公司)が展示した航空機や無人機模型が、米国製航空機とそっくりだと話題になっている
●FC-1やパキスタン輸出用のJF-17は米国製のF-16そっくりである。またWing Loongと呼称される無人機はMQ-1 Predatorとほとんど同じである

●AVICの報道官は、FC-1戦闘機はF-16よりも遙かに安価と宣伝したが、具体的数字には言及しなかった。
●残念ながら、中国から開発中のJ-20ステルス戦闘機の展示はなかった
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

特にコメントは御座いません。盗まれているんでしょうかねぇ・・・

昨日に引き続き、本日は・・・
チューリップの「青春の影」を岩崎宏美の落ち着いた歌声で

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る