So-net無料ブログ作成

誰が海軍の無人機を操縦するのか? [Joint・統合参謀本部]

13日付米海軍協会web記事が米海軍での無人機操縦者の育成をどうすべきかについて問題提起を行っています。
また併せて、海軍無人機と空軍無人機との「操縦思想」の相違にも触れています。細部に言及の無い短い記事ですが、興味深いのでご紹介

初紹介の「米海軍協会web記事」は・・・
MQ-8 Sim.jpg元海軍操縦者で軍需産業の無人機部署で勤務するJay Stout氏は、無人機に関する会議で講演し「現在米海軍は、無人機の操縦者を海軍内のあらゆる部署からかき集め契約企業の教官による教育を受けさせ、試験をして合格するれば良しとしている。この際、企業の教官は実地のOJTで操縦を体得した人物である」と現状を嘆いた
●Stout氏はこのような行き当たりばったりの教育を何時までも続けることに警鐘を鳴らし、「海軍が組織として取り組んできた、体系的で健全な他の飛行教育体系とは全く異質で異なっている」と訴えた

●同氏は、初期のイラクやアフガン作戦で米空軍が「かき集め無人機操縦者」を多用した結果、関連兵士の感情を害し傷つけ、結果的に空軍を去る者を生み出した問題ある経緯を指摘した
●反省した米空軍はその後、入隊したばかりの新前士官の中から無人機操縦キャリアを歩むものを指定し、有人機操縦者とは異なる教育と要求を課すこととした

●Jay Stout氏は、海軍も同様の若手士官用のキャリアパスを準備するよう提案し、基本的な有人機操縦訓練も含む、しかし有人操縦者とは異なる流れを推奨した
●米海軍は依然として、無人機操縦者を士官のみにすべきか、下士官も含めるかに関し結論を出していない

空軍との「操縦思想」の相違
MQ-8.jpg●一方で海軍は、海軍で使用する全ての無人機の操縦装置を一本化することを検討している。空軍のように有人機のコックピットのような装置ではなく、マウスとキーボードを使用するイメージである
●また海軍は空軍とは異なり、無人機の自動化推進に積極的である。これは細部まで地上の操縦者が直接操作する空軍無人機とは対照的である。

●本年5月、海軍の空母艦載無人機計画(UCAS-D)の責任者は「海軍のは自立航空機(autonomous vehicle)である。オペレーターの直接管制下にはあるが、操縦桿やスロットルレバーやブレーキは無い。無人機に何を行うかを指示するが、そのやり方は無人機が判断し遂行する」と表現している
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

X-47Bを武装することは無い
同じ会同で、米海軍の艦載無人機計画の担当Jaime Engdahl大佐は、先日空母への着艦に初めて成功したUCAS-DのX-47Bに武装することは無いと語りました。
(X-47Bに関しての発言なのか、UCSA計画全体の話なのかは記事からは判然とせず

●少なくとも今は無い。UCAS計画は、空母で運用可能で、厳しい環境下に耐え、突破力のある偵察と攻撃能力をサポートする役割を期待しての計画である
機体を武装する計画は無い。(X-47Bに攻撃システムを搭載することを、同講演中に2回否定した
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

記事でも取り上げていますが、空軍は無人機操縦者の「位置づけ」や「取り扱い」に苦労しています。
実態として無人機操縦士官の「昇任率」が低く議会で問題視されたり、飛行手当てを巡り有人機操縦者コミュニティーと摩擦があったり・・・。海軍はこの課題にどのように対処するかは見ものです。

MQ-4C.jpgただ海軍の場合は、艦艇派とパイロット派の明確な対立軸がありますので、パイロット一極支配の空軍とはまた様相が異なりますが・・・

「操縦思想」の相違は興味深いです。なぜなんでしょう?
今はISRや対潜水艦作戦への無人機活用が主ですが、海軍が将来空母艦載の無人攻撃機を運用する際に、「autonomous vehicle」思想をどこまで維持するのかに注目いたしましょう!

「議会が無人機操縦者問題を」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-01-06
「無人機操縦者と手当と民需」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-04-23
「UAV操縦者育成の新時代」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-01-27

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る