So-net無料ブログ作成
検索選択

米露国防相が初のテレビ会議&SS-26配備 [ヘーゲル国防長官]

プーチンはSS-26配備を否定19日付Defense-News

Putin4.jpg19日の記者会見でプーチン大統領は、「Iskander」ミサイルの配備を決断したわけではないと述べました。

16日の週初めに露国防省の報道官が、NATO等のBMD計画に対応するため、Kaliningradを含む西部防衛空域に核弾頭搭載可能なSS-26短距離弾道ミサイルを昨年6月から配備していると語ったばかりだったのですが・・・

プーチン大統領は会見で
●まず第一に、我々はそのようなミサイル配備に関する決定を行っていない。大騒ぎすべきでない
●第2に、誰もが自らを守る必要はない。誰かを刺激して対抗措置を執らせるような事を行う必要はないのだ。米国が欧州に配備する戦術兵器は、欧州の誰もがコントロールできない
●「Iskander」ミサイル(SS-26)は一つの対処手段に過ぎないし、決して最も効率的とは言えない。勿論その種の兵器の中では、世界で最も強力な兵器の一つであるが。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

19日付Defense-Newsは、当該ミサイルの最新型は射程が300nm(500km)で、NATOが想定する(BMD用の)地上レーダーや要撃ミサイルを破壊することが出来ると報じています
別の記事では250NM射程との報道でしたので、この辺りも諸情報があるようです。

ロシア国防省報道官が「2012年6月から配備している」と会見で述べたミサイルを、大統領が配備していないと否定する国がロシアです。
衛星写真とかの報道を期待しつつ・・
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

16日、ヘーゲル国防長官とSergei Shoigu露国防相が初めてテレビ会議を行いました。本年8月の国防相会談で合意されたモノで、米国防省報道官がその概要を公表しました
新たな一歩ですが、初のテレビ会談の中身はそれほど友好的ではなかった模様です

米国防省発表の会談概要は
Russia-Video.jpg●(欧州の)ミサイル防衛、シリア、サイバー安全保障、IED(簡易仕掛け爆弾)対処等の多様な議題が取り上げられた
●ヘーゲル長官は、米国やNATOが推進する欧州ミサイル防衛計画はロシアの脅威には成らず、また米英露独仏中が合意したイラン核開発に関する行動計画によって、欧州ミサイル防衛計画の必要性が無くなるわけではないと主張した

●両国防相はシリアの化学兵器破棄計画の進捗状況に付いても意見交換し、ヘーゲル長官がロシア国防相に米国のシリア化学兵器無効化プランを伝えるとともに、ロシアの継続的な関与と化学兵器除去への支援を働きかけた
●両者は定期的にテレビ会議を行うことに合意し、また緊要な問題が生じた際にもこれを活用することでも一致した

欧州BMD反対で露が短距離ミサイル配備
初のテレビ会議のタイミングで、ロシアが欧州正面に核弾頭搭載可能な短距離弾道ミサイルを配備したとの報道が駆け巡りました。

17日付Defense-Techによれば・・・
Kaliningrad.jpgロシアは、カリーニングラード近郊のポーランド国境地域に短距離弾道ミサイルを配備したことを認めた。なお、カリーニングラードはロシアから離れた「飛び地領土」で、ポーランドとリトアニアに挟まれたエリア
●この動きは米国の反発を招き、WSJ紙によれば、米国防省の報道官は「ロシアに対し地域の不安定化に繋がるような行動を取るなと促した」と語った模様

●ロシアも展開を認めた短距離弾道ミサイルは「Iskander」で、NATOでは「SS-26」と呼ばれている核弾頭搭載可能なミサイルである。ロシアは40以上の車載システムを保有し、タイプにより異なるが170~250NMの射程を有する模様
ロシア側は、ミサイルの展開は昨年6月頃からで、米国が支援する欧州BMDの進展に対抗するためのモノだと主張している
●なおロシアは、同ミサイルシステムを、イラン、リビア、ベラルーシに売却したと言われている

おまけ冬季五輪に米大統領出席せず
●17日、米政府はソチ五輪の閉会開式にオバマ大統領が出席しないと発表。米国が大統領、大統領夫人、副大統領、前・元大統領のいずれも五輪に派遣しないのは2000年以来
●これまで閉会開式の団長は大統領、副大統領が務めることが多かったが、今回は開会式にナポリターノ前国土安全保障長官、閉会式にはバーンズ国務副長官が団長として参加するのみ

●「日程上の都合」と説明しているが、ロシアが同性愛規制を強化していることに対し、抗議の意思を示す狙いがあるとみられる。
●ロシアへの抗議からソチ五輪の大統領出席を見送る動きは、ドイツやフランスでも出ている。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

SS-26-Iskander.jpgロシアの強気姿勢が最近目立っています。中国だけには強気になってほしいのですが、そう単純でないのがロシアです。
ヘーゲル長官は「上着無し」で気楽な雰囲気の「醸成」に努力されているようですが、いかつい露国防相の背後にはロシアの徽章と国旗が「ずっしり」据えられており、お国柄もよく覗えます

SS-26短距離弾道ミサイル配備は、かつての中距離弾道ミサイル「SS-20」騒ぎを彷彿とさせますが、今後どのような展開もを見せるでしょうか???
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る