So-net無料ブログ作成
検索選択

続報:露エンジンに依存の米国ロケットは大丈夫? [米空軍]

Rogozin-RU.jpgウクライナ情勢を踏まえ、米国防省がロシア製ロケットエンジン(RD-180)の米国ロケットでの使用を再検討し始めた、と3月末にご紹介しましたが、ロシア副首相が5月13日に「ペンタゴン用には売らない」との主旨をTwitterで呟いたことから大きな騒ぎになりかけています。

露のDmitry Rogozin副首相は米国がペンタゴン用にRD-180ロケットエンジンを使用しないと保証したら、同エンジンを継続して提供する」とつぶやいたのですが、その後この呟きに関する正式な通知等はなく、米国関係者が「右往左往」しています

なお米国防省はUnited Launch Alliance (ULA)社の、「Atlas V」と「Delta IV」の2種類のロケットを打ち上げに使用しており、「Atlas V」が露製RD-180エンジンを使用しています
3月末にご紹介した際は、UAL社長は「2年分のRD-180エンジンを保有している」ので、慌てる必要はないと発言をしていたところです

21日付Defense-News記事によれば
Fanning-DAF.jpgEric Fanning米空軍次官(←ゲイだと公言)はインタビューに「直ちに代替エンジン開発を追求すべきとは思わないが、RD-180への依存を減らす方向を目指す必要がある」と語った
●更に同次官は「多くの選択肢があり、代替エンジン開発もその一つではある。その場合にも、空軍独自で行うか、企業と共同で行うか等の複数のオプションがある」と述べた

●また官民共同の形についての質問に同次官は「米空軍が全ての資金を出す形を懸念する」と述べ、そのような形を避けたいと示唆し、「複数の企業による代替エンジン開発コンペ方式も考えられる。このように代替品を考える際は多様な選択肢がある」と語った

米国防省は本件検討のため、Howard Mitchell退役空軍少将を長とする検討委員会の設置を命じた。同委員会が作成した議会説明スライドによれば、同委員会は露エンジンのリスクを避けるため、代替エンジンの開発を推奨している模様

一方でULA社は、RD-180を使用していない「Delta IV」の製造を加速すれば、「Atlas V」の代替が可能と主張している。
しかし同委員会は、更にRD-180エンジンを露から調達しないと、2016年3月以降は国家安全保障に必要な衛星打ち上げを十分支援できず、重大な遅れが生じると指摘している

RD-180.jpg●空軍次官は米宇宙コマンドのシェルトン司令官と共に、最悪のケースばかりを取り上げて騒ぎ立てることを戒めている
●同次官は「露副首相は確かにつぶやいたが、その後公式につぶやきの件をフォローしてはいない」、また「ULAも公式・非公式にかかわらず何の連絡も受けていない」と語った
●そして更に「RD-180への依存を減らす検討は重要だが、報道等に過剰に反応してはいない。落ち着いて考え、注意深く選択肢を不必要に狭めないようしている」と説明した
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

3月末の記事「米国ロケットがピンチ」の復習
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-03-18-1
●米国は、かつてボーイングとロッキードが別々に製造と打上げを行っていた「Delta IV」や「Atlas V」を、効率化の観点から、2007年にUnited Launch Alliance社を立ち上げて統合。
Delta IV.jpg●米空軍の計画で開発が始まった両ロケットは、共に2002年が初打ち上げで、「Delta IV」は25回打ち上げで24回成功、「Atlas V」は43回中42回成功の高い信頼性を誇る。

●それぞれに特徴を持ちつつ(よく知りません)、両ロケットは2014年にも既に各1回の打ち上げを成功させており、米軍事衛星打ち上げの両輪
ULA社のMichael Gass社長は、これまでの米国自身による投資の成果で、RD-180と同様のエンジンを独自に生産する能力があると国防部会で証言

各ロケットの概要は
「Delta IV」→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%BF_IV
「Atlas V」→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B9_V
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

いっそ米国は、日本のH-2Bやイプシロンロケットを軍事用に使ってくれないでしょうか?
しかし現状では新規参入を狙う「SpaceX」が、米空軍や国防省を「ULA社だけ優遇しすぎ」と訴えているので難しいでしょうが・・・

「宇宙とサイバー」カテゴリー
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/archive/c2302888136-1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る