So-net無料ブログ作成

米海軍がE-2D大人買いで経費削減 [Joint・統合参謀本部]

FacebookとTwitterもご活用ください!
Facebookhttp://www.facebook.com/holylandsonettokyo
Twitterhttps://twitter.com/Mongoose2011
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

E-2D 3.jpg6月30日、米海軍が5年契約でE-2Dを25機Northrop Grumman社から購入する契約を結びました。
毎年毎の分割契約でなく、2014年から2018年までの5カ年分を一括契約することにより、米海軍の計算によれば約370億円の削減になる模様

なお、米海軍は既に12機のE-2Dを受領済みで、2014年10月に運用開始が宣言される予定。米海軍は合計75機のE-2Dを導入を計画している
米海軍はE-2Dを「digital quarterback」呼び、NIFC-CA(Naval Integrated Fire Control – Counter Air)構想の中核と考えている

米海軍E-2計画責任者John Lemmon大佐は
●複数年契約により、E-2Dの購入容易性が高まり、納税者の血税を最高度に活用できる
●同契約はロット2からロット6をカバーするもので、2014会計年度から2018会計年度までの5カ年分を対象とする
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

E-2D.jpgこれまで米国防省がこのような複数年契約(まとめ買いや大人買い)を行っていたのか承知していませんが、会計法等が許すのであれば、どんどんやったらよいと思います
日本は可能なんでしょうか? 防衛装備品に限って種々の制約を受けていたりするような気がしますが・・・

ステスル戦闘機の探知や追尾が可能と「噂」されるE-2Dですから、今後もフォローしていきます
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

おまけ:環太平洋海軍演習RIMPACについて
RIMPAC2010-2.jpg中国が初参加(4隻)しているRIMPAC(隔年でハワイを中心に開催)が、6月26日から8月1日の間で始まっています
●今回は計22ヶ国、水上艦艇49隻、潜水艦6隻、航空機200機以上、兵員約2.5万人が参加しています
参加国は(見やすいように地域別に3区分)
---米、英、豪、NZ、カナダ、仏、オランダ、ノルウェー、
---日、韓、比、インドネシア、マレーシア、シンガポール、中国、ブルネイ
---インド、トンガ、チリ、コロンビア、ペルー、メキシコ

米海軍の航空作戦構想とE-2D
「E-2Dはステルス機探知可能!?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-06-12
「米海軍のNIFC-CAとは」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-01-26
「NIFC-CAとSM-6連携」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-04-27

「NIFC-CAで空軍と協力」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-05-23
「米イージス艦のIAMD進歩」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-05-09
「海軍トップ:ステルスはあと10年」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-04-22
「なぜ8機EA-18Gが必要か」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-03-13
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る