So-net無料ブログ作成
検索選択

中国J-31は輸出用:F-35にライバル登場 [中国要人・軍事]

J-31 Zhuhai2.jpg10日、香港に近いZhuhai(珠海)で開催(11日から16日)される「Airshow China」で、関係者や報道陣向けの事前内覧会(preshow tour)が行われ、この種の航空ショーに初展示(初飛行も予定との噂)の中国製J-31ステルス戦闘機が、輸出用の名称で紹介されていることが明らかになりました

10日付Defense-Newsによれば
●11日から公式開会の「Airshow China」の事前内覧会(preshow tour)が10日行われ、中国航空工业集团公司(Aviation Industry Corporation of China:AVIC)の展示ホールが注目を集めた
●AVIC関係者が公開したのは、J-31ステルス戦闘機を「輸出用」として展示した「FC-31」の1/2モデルだった。同モデルの脇には「FC-31 4th Generation Multi-Purpose Medium Fighter」とのプラカードが掲げられていた

J-31 Zhuhai3.jpg●中国製の戦闘機は「J-○○」と呼称されるが、同型機が輸出用になると「FC-○○」と呼ばれる
J-31は空母艦載用に開発されているのではないかとも言われてきたが、今回は輸出用として公開されることになった

●J-31(FC-31)はツインエンジンで、シングルエンジンの米国製F-35と少し異なるが、似たようなタイプの戦闘機であり、世界の軍事市場において高価なF-35に手が出ない国向けにアピールするであろう
●事前内覧会(preshow tour)では、J-31が展示飛行を行い、中国への輸出合意間近と伝えられるロシア製のSu-35の初めての展示飛行と共に注目を集めた
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

J-31 Zhuhai4.jpgJ-31(FC-31)が、「4世代機:4th Generation」と紹介されているところが興味深いところです。中国での「世代」呼称が、欧米とは少し異なるとの話も聞いたことがあるような気がしますが、「正直」に実力を明らかにして売り出すのかもしれません

パキスタンが「FC-31」に興味を示しているとの話も・・・

「中国エアショーにJ-31とSu-35展示、韓国T-50は撤退」
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-11-06
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る