So-net無料ブログ作成
検索選択

画像:中国ステルス機J-31表面に異様な凹凸 [中国要人・軍事]

ついに週刊ポストのお世話に

J-31 China2.jpg12日号の「週刊ポスト」が、同誌カメラマンが撮影したとする中国企業製のステルス戦闘機J-31の拡大写真を掲載し、機体の表面に「配線のような凹凸がクッキリ」浮かび上がる奇妙な様子を指摘しています。

米軍事メディアを中心に、いろんなメディアのお世話になっている「東京の郊外より・・・」ですが、「週刊ポスト」のお世話になるとは思いませんでした。
でも大衆メディアの代表格で、ラーメン屋や理髪店にあると思わず手が出る身近な週刊誌が、「本誌カメラマン」を派遣(または現地カメラマンと契約)し、このような軍事情報を収集するとは時代の流れを感じます。

本ブログでも珠海エアショーを取り上げ、J-31が飛行を初公開したことや、「FC-31」との輸出用名称で展示されている様子をご紹介しましたが、「機体の凸凹」までは気がつきませんでしたし、欧米メディアも取り上げた記憶がありません

12日号の「週刊ポスト」によれば
J-31-Zhuhai.jpg世界4位の武器輸出国でもある中国の広東省珠海市で「中国国際航空航天博覧会2014」が11月16日まで開かれた。
空軍創設65周年ということもあり、中国が披露したのは、最新ステルス戦闘機「J-31(殲-31)」。上空に現われ、背面ロールを見せると、観客からは喝采が上がった

●ところが、本誌カメラが捉えた写真を拡大してみると、翼の表面には配線のような凹凸がクッキリ
●元自衛官は「これでは空力的に影響があり、機体のストレスを高める。戦闘機としては考えられません。配線はデータ測定用かもしれないが、デモ飛行でも観客席の近くは飛ばなかったし、信頼性や完成度に自信がないのかもしれません」とコメント

レーダーに探知されないどころか、こんなアラまで丸見えでは、実際の性能は言わずもがな?
//////////////////////////////////////////////////

Post-12-12.jpg「週刊ポスト」の写真の「真偽」もわかりませんが、そんなものかもしれません・・・。
戦闘機の重要性については、中国もその急落に気づいているはずで、それがために弾道ミサイルや巡航ミサイル、サイバーや宇宙戦争を重視し、「Short and Sharp」な戦いを追求しているのですから

それにしても「しみじみ」です。週刊ポストのお世話になるとは

F-35のライバル? J-31登場」→
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-11-11

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 1

ちょリス

試験機で機体のなにかしらを計測するセンサー系の配線を、表面に這わすのはたまにあります。
ステルス機ではF-117でもF-22でもやってます。
それと元自衛官の話もよくわかりませんね。太文字部分は試験機に対してすれにるようなコメントではありませんよ、これ。
まあ自衛官と言っても色々いますから・・・

by ちょリス (2014-12-08 06:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る