So-net無料ブログ作成
検索選択

映像:ペルシャ湾でレーザー兵器試験に成功 [Joint・統合参謀本部]

10日、米海軍研究室のMatthew Klunder室長(海軍少将)が記者団と懇談し、9月からペルシャ湾上の試験施設で実施してきたレーザー兵器(LaWS:Laser Weapon System)の試験が予想以上の成果を収めていると語りました

気象条件の影響を受ける「レーザー兵器」ですが、1発1ドル以下で、弾薬の補充が不要で、威力のコントロールが細かく可能で、周辺被害を極限など、様々な利点もある兵器ですのでその状況をご紹介します



11日付Defense-Newsによれば
●Klunder室長は、海上試験施設Ponceに設置されたLaWSの試験は、ペルシャ湾の高湿度や厳しい海上条件にも関わらず、小型船舶や無人機に対し予想以上に機能したと語った
Laser Navy-LaWS.jpg●LaWSは一人の兵士によって操作可能で、スクリーンを見ながらゲーム用のコントローラーで扱える。「X-boxやPS4で遊べる人なら、誰でも操作できる」と室長は説明した

●また室長は、レーザーの出力をコントロールすることで、単に目標を幻惑させるレベルから、30kw出力で機能不全や破壊することまで可能で、警告射撃から物理的撃破までの多様な選択肢が可能だと説明した
●海軍はレーザーの更なる出力アップを計画しており、沿岸戦闘艦LCSや駆逐艦に搭載する150kwレベル以上の出力を視野に入れている。なお、Ponceに設置されたLaWSは、開発と設置が約40億円で可能だったとのこと

●海軍はまた、レーザー兵器を航空機や地上施設に設置することを検討している
ISRへのレーザーの活用も検討されている。レーザー望遠鏡(powerful telescope incorporated in LaWS)の研究である。Klunder室長は細部への言及を避けたが「ハッブル宇宙望遠鏡の海上版である」と説明した

Lase-UK.jpg●海軍システムの全体設計やシステム融合を担当するBryant Fuller少将は、レーザー兵器が全ての気象条件下で使用可能ではないことを認めている
●一方で、厳しい気象条件下では、多くの脅威も行動に制約を受けることも確かだとFuller少将は見ている
//////////////////////////////////////////

全天候で活用は出来ないようですが、安くて補給の心配が無く、柔軟に威力をコントロールできる利点は捨てがたいです。
米国防省の将来研究開発の重点施策にも、必ず登場する分野ですので、今後も注目したいものです

レーザー関連の記事
「特殊部隊とレーザー」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-09-16
「米空軍の30年戦略」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-07-31
「航空機自己防御レーザー」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-11-02-1

「米海軍レーザー兵器搭載へ前進」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-05-12
「CSBAビーム兵器へ投資を」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-04-20
「レーザー兵器の開発動向」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-04-01

本ブログを「レーザー」で検索
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/search/?keyword=%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る