So-net無料ブログ作成

ステルスミサイルJASSM-ER本格生産へ [米空軍]

追加記載2017年7月
2017年7月、米空軍がJASSM-ERの更なる射程延伸を目指し、製造企業と改修契約!
目標は、第一列島線の東側から余裕をもって中国大陸を攻撃可能な射程か!?
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-07-28
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2014年12月の記事
JASSM2.jpg15日Lockheed Martinは、開発中の航空機搭載長距離ステルスミサイルJASSM(Joint Air-to-Surface Standoff Missile)の射程延伸型(JASSM-ER:extended-range)が作戦試験を終了し、米空軍の承認を得たので本格生産すると発表しました

JASSMは射程が370 km (230 NM)ほどですが、JASSM-ERはその2倍半の1000 km (620 NM)を実現した模様です。
JASSMは対中国A2ADの中核兵器として開発が始まり、紆余曲折はあったものの2009年に最終確認をクリアし、現在米空軍が4800発を発注し、1000発程度が納入済みの模様です。

JASSM3.jpgJASSMの搭載はB-1, B-2, B-52, F-16, F-15Eが可能で、JASSM-ERはとりあえずB-1での使用承認が降りたようですが、今後も他機種に拡大されるのでしょう

残念ながら、JASSMもJASSM-ERも数インチ長いため、F-35の機内爆弾ベイには格納できないようですが、母機のステルス性を犠牲にすれば機外に搭載することは可能なようです

なおJASSMは、豪州に提供されFA-18が搭載可能となっています。一方、フィンランドと韓国も購入を打診しましたが、米国は戦略的理由等で許可しなかった経緯があります

しかし最近、ポーランドのF-16にJASSMを提供する話が持ち上がり、議会等での承認待ちとなっています。ウクライナ情勢がらみの動きでしょう。非常に対外的インパクトの大きい兵器とも言えます

射程1000kmなら、第一列島線の外から中国沿岸を攻撃可能です

16日付米空軍協会web記事によれば
JASSM5.jpg●ロッキード社の長距離攻撃システム部長であるJason Denney氏は、「本格生産決定の判断は、JASSM-ERに対する米空軍全体からの信頼を示すものである」と発表した
試験発射でJASSM-ERは、21発中20発が目標を成功裏に破壊し、95%の成功率を達成したとも発表された。

●同担当部長は「A2AD環境下における戦闘で、攻撃第1日目の第1撃で使用できる能力を提供するものである」とJASSM-ERを表現した
●米空軍は2014年当初に、JASSMの発注にあわせ、100発のJASSM-ERを初期生産を注文開始していた
///////////////////////////////////////////////////////////////////////

部長さんが語っているように、「A2AD環境下における戦闘で、攻撃第1日目の第1撃で使用できる能力」を期待されているのがJASSMシリーズです
米軍の攻撃構想に良く使用される「family of systems」の、重要な一角をなすのがJASSMシリーズです

射程1000kmなら、第一列島線の外から中国沿岸を攻撃可能です

LRASM3.jpg早く日本国内の議論を開始・収れんさせこのような兵器を(韓国に先駆け)導入したいものです
なお、対艦ミサイルバージョンLRASM(for Long Range Anti-Ship Missile)も、米軍装備化に向けて進行中です。こちらも日本にほしい装備です

関連の過去記事
「空中発射巡航ミサイルの後継」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-12-12-1
「JASSM-ER最終試験」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-08-10-1

「新対艦ミサイル:LRASM」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-05-19
「LM社が契約:LRASM」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-03-07
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る