So-net無料ブログ作成
検索選択

米空軍特殊部隊AC-130にレーザー兵器を [米空軍]

27日、米空軍特殊作戦コマンド司令官が講演で、同コマンドが計画している精密近接航空支援に特化したAC-130J型へのレーザー兵器又はエネルギー兵器搭載を追求したいと語りました

29日付Defense-Techによれば
AC-130-flare.jpg米空軍特殊作戦コマンドのBradley Heithold司令官(空軍中将)は、27日にワシントンDCで開催されたNDIA(全米軍需産業会)特殊作戦・低烈度紛争会議で講演し、AC-130へのレーザー兵器搭載が可能な程度に、技術的成熟度が上がっていると語った。
米空軍幹部が、AC-130へのレーザー兵器搭載に言及したのは初めてである

●既に米空軍は、同機の現状最新型であるW型には「30mm cannon」と「Small Diameter Bomb」や「Smart Bomb」のみを搭載する選択をしていたが、近接航空支援に特化したJ型には「105mm cannon」の搭載も決定したところ。
Heithold-AFSOC.jpg●この決定の背景には、「Small Diameter Bomb」が高価で、「105mm cannon」の方がより照準が正確だから、と同司令官は説明した

米国防省は、特に海軍を先頭にエネルギー兵器への開発投資を拡大しており、海軍高官は米海軍艦艇へのレーザー兵器搭載に、継続的に取り組んでいる
米空軍は弾道ミサイル防衛への応用を想定し、航空機搭載レーザー兵器に取り組んでいたが、当時のゲーツ国防長官が計画中止を命じた経緯がある
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

AC-130H.jpg肝心のレーザー兵器搭載に関する説明が不足の記事ですが、「精密な近接航空支援」を期待する攻撃型C-130に、精密照準が可能なレーザー兵器を、との話です

推測ですが、「精密な近接航空支援」は、周辺への被害を極限したいとのニーズから生じたもので、その一環として小型ミサイルである「Small Diameter Bomb」が導入されたのでしょう
また、レーザー兵器は「1発」の単価が安く、電力があれば弾丸を補給する必要がないので、レーザー装置が小型化できれば、航空機向きの兵器でしょう

ちなみに、ゲーツ長官が「計画中止」を命じたのは、ジャンボジェット機に巨大なレーザー兵器と搭載し、例えば北朝鮮周辺で待ち構え、発射された弾道ミサイルを初期段階で迎撃する構想です。
Airborne Laser.jpg敵の容易な攻撃目標になる、そんな巨大な飛行機が敵国周辺上空で待ち構え、弾道ミサイルを迎撃するなど「ありえない」との判断でした。

その後の技術進歩で、C-130級に搭載可能な発展があったのでしょう雨や雲の影響を受けるから日本ではだめ、と突っぱねるだけでなく、いろいろ勉強しておきたい分野です

レーザー関連の記事
「ペルシャ湾で艦艇試験」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-12-13
「特殊部隊とレーザー」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-09-16
「米空軍の30年戦略」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-07-31

「航空機自己防御レーザー」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-11-02-1
「米海軍レーザー兵器搭載へ前進」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-05-12

「CSBAビーム兵器へ投資を」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-04-20
「レーザー兵器の開発動向」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-04-01
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る