So-net無料ブログ作成

UAEと韓国へのTHAAD配備は? [米国防省高官]

Rose BMD2.jpg7月24日、米国務省のFrank Rose国務次官補(軍備管理担当)が講演で湾岸諸国がTHAAD等の弾道ミサイル防衛BMDシステムを導入している様子を紹介し、米国として関係国の情報共有や技量向上に取り組んでいると語りました

また韓国へのTHAAD配備に関する交渉についても言及し、中国の懸念を「根拠無し」とたしなめています

27日付米空軍協会web記事によれば
●24日、ミッチェル航空宇宙研究所で講演したRose国務次官補は、幾つかの湾岸諸国はミサイル防衛BMDに「巨大な」投資を行っているが、米国はその投資が「より協力的に有効機能するよう」に、相互連携を伴う統制がとれた対処になるような取り組みを進めていると語った

Rose BMD4.jpg●同次官補は各国の取り組みについて、間もなくUAEが2個ユニット導入予定のTHAADシステムの最初のユニットを受領すると述べ、既にUAEが保有するか下層対処用のパトリオットPAC-3型と合わせた体制が出来ると説明した
●また周辺国では、サウジとカタールがパトリオットシステムを保有していると述べた

●5月にキャンプデービッドで開催された米国&湾岸諸国サミットを受け、地域の多国間協力によるミサイル早期警戒システムの構築への取り組みが始まり、各国高官が参加する「BMD机上演習」を今年後半に実施予定だと語った

●Rose次官補はまた、米国は各国の脅威分析や必要能力検討を支援しており、不足分をどのように補うかを共に考えているとも述べた
●「我々は情報共有の文化を育成したい」と同次官補は語り、ミサイル脅威対処に関し、隣国との協力が能力向上に大きな役割を果たすことを認識してもらう努力を行っていると説明した

韓国へのTHAAD配備に進展なし
Rose BMD3.jpg●Rose国務次官補は韓国との協議についても言及し、北朝鮮が保有する数百発の弾道ミサイルに対処するため、高々度対処が可能なTHAADの導入を韓国側に推奨しているが、決定には至っていないと述べた
●必要な兵器であることは明らかで、将来に向けて交渉を続けると語った

●また同次官補は、中国が韓国へのTHAAD配備に反対し、中国の核抑止力を無効化しようとするものだと公言して批判しているが、「完全に誤った見方だ」と述べた
●Rose氏は、THAADは戦域用の防御システムで中国の兵器を無効化するような射程距離はないと語り、THAADに中国の戦略兵器を迎撃する技術的能力はないと説明した。
///////////////////////////////////////////////

イランの脅威という明確な共通の脅威がありながら、高価な装備品を買いそろえながら、互いに見栄を張り合って、BMDに不可欠な情報共有や連携対処に消極的なアラブ湾岸金満諸国GCC

過去20年以上、懸命に米国やNATOが様々な軍事訓練支援を行ってきましたが、やる気があるのか無いのか・・・。なま暖かく、見守りましょう

韓国はどうするんでしょう・・・中国の方を向いて生きていくのでしょうか? 

韓国のBMD問題
「韓国の脅威環境」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-04-16
「日米韓がBMD情報共有へ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-01-05-1
「あれ?韓国がPAC-3導入へ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-11-13
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る