So-net無料ブログ作成
検索選択

米GAO:核戦力維持に今後10年で36兆円 [Joint・統合参謀本部]

GAO.jpg米GAO(会計検査院)が議会に提出した報告書は米軍の核関連装備や施設の維持・更新に、米国防省が今春提出した計画を精査すれば今後4年間で3.6兆円、10年間で30兆円が必要だと指摘しています。

つまり勝手に解釈すれば、GAOは「国防省の計画は途方もない経費を必要とするのだよ」、「国防省に何を削減して予算を捻出する覚悟はあるの?」と訴えているのでしょう。

同時にGAO(Government Accountability Office)は、40年代50年代に大部分が構築された老朽化の激しい核兵器関連施設はオーバーホールが必要だと指摘し、今後核兵器及びその関連施設への投資をどのように位置づけるかが大きな課題であることを印象付けています

8日付Defense-News記事によれば
LRS-B4.jpg●GAO報告書は、議会の命により2014年に国防省とエネルギー省が提出した、米核戦力と関連能力維持に関する分析を評価したものである今
●同報告書は、今年から2019年までの4年間に、現有装備の運用・維持・人件費に約2兆円、研究開発に1.9兆円、装備調達や建設費に2900億円必要だとしている。

●しかし、その後は2020年代にかけて更に必要経費が増加し、例えばB-52やB-2の後継機となる次期爆撃機LRS-Bは、2020年~24年に掛け2.5兆円が必要だと見積もっている
●また、米空軍は空中発射の巡航ミサイルを維持するため、長距離ミサイルを2030年に掛け調達したいと考えているが、国防省は他の優先事業のため同ミサイルの調達延期を決めている

JASSM3.jpg●しかしGAOは同時に、米国の核関連施設が大規模な改修や更新や修理(オーバーホール)が必要だと指摘している
●報告書は「戦略ミサイル、戦略原潜、そしてこれらが搭載する核兵器は老朽化が進んでおり、当初計画された耐用年数を超えて使用されている」と指摘し、「鍵となるNNSA(国家核安全保障行政局)の研究開発や製造施設は40~50年代の代物で、安全で保全がなされた効率的核戦力を維持確保するため近代化が必要だ」と訴えている
////////////////////////////////////////////////////

Minuteman III 3.jpg先日ご紹介したICBM「ミニットマン3」の後継ミサイル開発&調達も、この36兆円に含まれるのでしょう。
それにしても心配です。装備の老朽化だけでなく、関連する「人心」の荒廃にもStopがかかったとは言い難い状況ではないでしょうか?

2007年、B-52爆撃機が「核爆弾搭載に誰も気づかないまま米大陸横断飛行」し、同事案の対処等への不具合から2008年5月に空軍長官と空軍参謀総長が同時に更迭された衝撃以降、歴代の国防長官や米空軍幹部が取り組んできた核戦力部隊の「建て直し」ですが、全く目途が立っていないのが実情でしょう・・・

昨年11月14日:ヘーゲル国防長官(当時)
First D-News.jpg●継続して誰も注目せず資源配分もされなかった結果、核運用部隊の士官に、将来の伸展や昇進の見込みがない無視された分野に配属されたとの意識が染みついている
●ICBM部隊は組織改編の度にメジャーコマンド間をたらい回しにされ、予算も人的施策も後回し・・・誇りも気概も消え失せた
●資源投資の問題だけではなく、(海空軍の)文化の問題でもある  

深刻な関連施設と現場兵士の士気
schwartzTH.jpg●シュワルツ空軍参謀総長:当時「我々は、率直に言えば『無視されてきた』この分野に、約4000億円を投資する。しかし仕事が終わったとは考えていない。継続的にフォローが必要である」(09年9月)
●米空軍GSC司令官クロッツ中将「空軍は長年にわたりこれら施設に十分投資してこなかった」「核関連施設の状態は、使い古され、疲弊し、骨董品状態である」(09年9月)

●「核戦力の運用に当たる兵士や部隊の指揮は著しく低く、人事上も低い扱いを受けていた。このため核爆弾を扱う専門能力を持つ兵士の離職が相次いでいた」(07年B-52事案の調査報告書)

米軍「核の傘」で内部崩壊
「国防長官が現場視察」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-11-18
「特別チームで核部隊調査へ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-01-27
「米海軍トップが危機感訴え」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-07-10

「ICBM部隊に不合格判定」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-08-15
「ICBM部隊で士官17名処分」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-05-11

「米空軍ICBMの寿命」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-09-16
「米国核兵器の状況」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-02-25-1
「米核運用部隊の暗部」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-10-29
「米軍核戦力は大丈夫か」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2009-11-28-1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る