So-net無料ブログ作成
検索選択

米海軍の次期戦略原潜計画ORPの予定概要 [Joint・統合参謀本部]

Drakeley Navy.jpg10月22日、米海軍の潜水艦計画部長であるGeorge Drakeley氏が米潜水艦協会の総会で講演し、26日の週にオハイオ級潜水艦後継計画(ORP:Ohio Replacement Program)の「基礎技術要求:technical baseline」を決定し、2013年の運用開始に向けて時間と予算ギリギリの計画を推進すると語りました

現在14隻運用しているオハイオ級戦略原潜が1隻2400億円である一方で、オハイオ後継艦はざっくり1隻$4.9 billion(5900億円)以下に抑えることが「現時点での目標」になっているようで、予算厳しき中、実現可能性が危ぶまれていますが、海軍幹部は新米海軍トップCNOを中心に、最優先事業だと主張し、これまでとは別枠予算の概念が必要だと訴えています

本日は予算の話はさておき、米海軍の皮算用を伺いましょう
なお、後継艦の性能概要や特徴については、末尾の過去記事をご覧下さい!!!

23日付米海軍協会web記事によれば
Ohio Replacement.jpg●Drakeley氏は、米海軍の調達担当次官であるStackley氏は本潜水艦計画の強力な支持者であると同時に、コスト管理とコスト削減の強い推進者であると語った
●また、同次官は「基礎技術要求」で開発過程での変更可能範囲や余地を定めることにより、コスト増の要因となる設計変更の余地を極力排除することを強調している、とDrakeley氏は説明した

●同総会で水中作戦部長であるCharles Richard少将は、強制削減や予算暫定措置がRFP発出や契約に影響を与えるとは考えたくない、と述べた
●同少将は、「我々には問題はない。本計画を先送りすればするほど、問題は大きくなる。現時点では遅らせる必要はないし、優先事業である事に変化は無い」とも述べた

●Drakeley氏は、攻撃原潜のバージニア級が1996年に行ったと同様の契約を想定しており、設計と最初の2隻の建造(2016年から2031年)を含め、約2兆円を想定していると語った
●同氏はまた、1番艦が2031年に任務開始することを考えればスケジュールは極めてタイトで、2021年には建造を開始し、そのためには調達に長期を要する材料を2019年に発注する必要があることから、設計の最低83%は2019年までに終了している必要があると述べた

Goggins SSBN.jpgORPの責任者であるDavid Goggins大佐は同総会のパネル討議で、本計画の実行可能性と予算確保に懸念を示した。同大佐は、(1番艦の)設計と建造に2.1兆円、その後2番艦から12番艦までを各5900億円以下で建造することになっているが、これには企業や造船所との緊密な連携があって初めて達成可能な数字であると説明した
バージニア級攻撃原潜と、その2.5倍の大きさがあるオハイオ級戦略原潜後継艦が同じ期間での建造を求められており、実行可能性を良く吟味していると同大佐は述べた

●Drakeley氏は議会や軍幹部や産業界との議論を振り返り、オハイオ後継艦の総経費12兆円ばかりが話題にされることを取り上げ、現在14隻が行っている任務を後継艦12隻で行う必要があることを訴えた
●この「基礎技術要求」が決まれば、次に国防調達委員会の了承を得た後、提案要求書RFPを発出することになり、来年夏には企業と契約を結ぶ予定である
/////////////////////////////////////////////////////////

フォード級次期空母の建造計画(現ニミッツ級が8000億円なのに、フォード級は倍の1.6兆円)といい、このオハイオ級後継艦計画といい、価格2倍増がトレンドのようですが、予算は倍増どころか減少傾向にあります

Ohio Replacement2.jpg従って現体制の維持は不可能なので、何らかの戦略見直しや体制見直し、又は要求性能の変更や統合での役割再配分が必要なのですが、何にも変化が見られません
陸海空軍と海兵隊が、我が道を突っ走って破綻の道をまっしぐらです! 日本も同じようなものですけど・・・

なお、後継艦の性能概要や特徴については、以下の過去記事をご覧下さい!!!

オハイオ級の後継艦計画ORPと関連事業
「次期SSBNの要求固まる」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-04-08-2
「オハイオ級SSBNの後継構想」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-01-25-1
「あと25年SLBMを延命!」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-04-13

米潜水艦関連の記事
「攻撃潜水艦SSNの将来」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-10-28
「バージニア級SSNの内部映像」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-09-10-1
「米潜水艦への女性配置」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-10-20

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る