So-net無料ブログ作成
検索選択

F-35射出座席問題:対策に遅れ:2018年まで [亡国のF-35]

続報:対策は2017年10月までに完了を予定
15日付Defense-News記事によれば

●本件に関し、米国防省F-35計画室の報道官は15日付の電子メールで「Defense-News社」に対し、国防省と関係企業は3つの対策遂行を加速し、全てを2017年10月までに完了する予定だと連絡してきた

●具体的には、操縦者の頭部を支えるパネルと射出座席への軽量操縦者用のスイッチ追加を2016年11月までに検証完了し、操縦者用ヘルメットHMDの軽量化は2017年10月までに検証を完了する計画
●現在設定されている軽量操縦者のF-35搭乗禁止に関しては、対策が完了した時点で再検討し、解除する方向
関係者の皆様の健闘を祈念いたします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

F-35seat2.jpg8日付Defense-News記事が、F-35射出座席の異常回転問題から軽量操縦者(体重約61.7kg以下)が飛行停止になっている問題に関し、国防省が昨年発表していた2017年夏までの対策完了が、2018年まで遅れると報じています

米空軍報道官が対策の遅れを認めたとの「Defense-News独占報道」ですが、今後米国防省F-35計画室から正式な発表があるものと考えられます

昨年10月の米国防省F-35計画室発表では、軽量操縦者が脱出した場合、射出座席が想定外の回転を起こし、体重74.8kg以下(165 pounds)の操縦者が首などを痛めるリスクが高まり、体重61.7kg以下(136 pounds)の場合は「受け入れがたいリスク」を伴うとなっており、現在体重61.7kg以下の操縦者は搭乗禁止となっています

8日付Defense-News記事は
F-35seat3.jpg●英国Martin-Baker製の射出座席問題への対策として、F-35計画室は3つの方策を昨年10月打ち出している。ヘルメットHMDの軽量化により首への負担軽減(約180gの重量削減)、頭部サポートパネルの追加、軽量操縦者用のパラシュート開傘遅延スイッチの追加の3つで、2017年夏までに完了するとしていた
●しかし1月8日の米空軍報道官Kelley Jeter少佐からのEメールで、米空軍は対策完了が2018年までずれ込むことを認めた

●Jeter報道官は「対策に関する多くの試験が実施され、肯定的な結果が出ているが、対策を有効と承認するにはまだ数多くの試験が必要だ」、「3つの対策が完了するのは2018年初頭になる」とメールで応えている
●更に同報道官は「軽量操縦者に対する搭乗制限の解除は、対策が完了し、再度軽量操縦者への影響を確認した後、空軍指導者が許可することになる」とも明らかにしている

F-35seat.jpg●別のEメールで報道官は、特にパラシュート開傘時に頭部が後方に引っ張られるのを防ぐパネルと開傘遅延スイッチの確認に時間が必要な状況だと説明してくれた
●米空軍はこれ以上細部について明らかにしていないが、今年の夏に英国の「Farnborough航空ショー」で欧州デビューを果たすはずのF-35に打撃となることは明らかだ
//////////////////////////////////////////////////////////////////

体重74.8kg以下(165 pounds)の操縦者にリスクがあり、体重61.7kg以下(136 pounds)が飛行禁止の制限がどれほどの影響かわかりませんが、必要なら「競馬の馬」のように「おもり」を操縦者が着けて飛ぶ対策もありそうな気がします。まぁ、ロッキードも米国防省もプライドが許さないでしょうが・・・

本年夏の小規模部隊での米空軍IOCにどのような影響があるのかも不明ですが、引き続きF-35からは目を離せません・・・

2015年末時点:F-35の主要問題や課題一覧
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-12-17 

「責任譲り合い:F-35射出座席」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-10-17

タグ:F-35 射出座席
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る