So-net無料ブログ作成

ボーイングKC-46の納期守れず:課題未解決 [米空軍]

KC-46-AV-8B.jpg5月27日、米空軍とボーイング社が次期空中給油機KC-46Aの開発状況について声明を出し給油用ブームの強度問題が未解決で、その他システムの承認手続きが遅れていることから、2017年8月までに最初の18機を納入する契約に間に合わず、2018年にずれ込むと明らかにしました

米空軍の3大優先事業(他はF-35とB-21)で、「boom方式」と「drogue方式」両刀使い空中給油機で日本も購入を決めていますが、他に比較して優等生だったはずがここに来て足踏み状態になっています
話を総合すると、未解決の課題や諸手続に2ヶ月間の対処猶予期間を与えるようですが、この期間で問題が解決できる保障はありません

日本の導入スケジュールに影響ないこと、そしてボーイングが自社負担している超過経費分を、日本につけ回ししないことを祈念致します

5月31日付米空軍協会web記事によれば
KC-46 Boom2.jpg●27日付米空軍発表によれば、C-17への給油試験時に判明したboomにかかる想定以上の負荷(boom axial loads)対策、機体中心部のdrogue system及び翼下に装着予定の給油ポッドの承認が遅れていることにより、当初6月に予定していた「Milestone C宣言による低ペース量産開始」を、8月に延期し、ボーイング社に対処の余裕時間を提供する

●これにより、初号機の納入時期が当初の2017年春から、2017年夏後半から初秋に遅れる。またこれを受け、初めの18機納入期限である2017年8月は2018年1月に遅れることになる
●ボーイング社は、boomにかかる想定以上の負荷対策を未だに決定できない状態にあり、A-10への給油試験も未実施である

ボーイング社発表によれば
●現在、5機のKC-46Aが試験中で、別の7機が生産ラインにある。また8機分の原料や部品の調達を実施中である
/////////////////////////////////////////////////

5月27日付米空軍の発表
http://www.af.mil/News/ArticleDisplay/tabid/223/Article/783853/kc-46s-set-to-arrive-at-first-basing-locations-by-late-2017.aspx

米空軍のKC-46A解説
http://www.af.mil/AboutUs/FactSheets/Display/tabid/224/Article/104537/kc-46a-pegasus.aspx

KC-46 Boom4.jpg中国が防空網を強化し、同時に弾道・巡航ミサイル等を急速に整備増強する中、米国とその同盟国は、より遠方からの作戦を余儀なくされます
そのために欠かせないのが空中給油機で、KC-10やKC-135の老朽化や維持費急騰の中で、米空軍は最優先で179機のKC-46A調達を急いでいます

日本もこの流れで、4機のKC-767に続き、4機のKC-46導入を決定したところです。
欧州や韓国はより大型で輸送能力もか高いA330モデルの機体を選択し、KC-46は米空軍と日本だけが現時点で採用を決めています

「boom axial loads」対策が小手先で出来るのか? 時間との闘いをどうするのか? 今後の展開に注目です。ボーイングの追加経費負担の程度も気になります

関連の記事
「Boom強度に問題発覚」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-04-03
「KC-46は更に遅延?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-03-27
「初の給油試験に成功」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-01-26-1

「初飛行試験に成功」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-11-18
「予定経費を大幅超過」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-07-21
「韓国はA330に決定」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-07-01

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る