So-net無料ブログ作成

米軍「イエメンでも対テロ攻撃やってました」 [Joint・統合参謀本部]

FacebookとTwitterもご活用下さい!
Facebookhttp://www.facebook.com/holylandsonettokyo
Twitterhttps://twitter.com/Mongoose2011
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

第15回アジア安全保障会議
シャングリラ・ダイアログ特集
米国防長官や中国のプレゼンを中心にアジア最大の安全保障イベントを多方面からフォロー

注目点の数々→38回も飛び出した「Principled Security Network」、謎の韓国冷遇、RIMPACでグアムからハワイまで米中海軍演習日韓での南シナ海共同演習を期待?・・・等々
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-05-30
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

strike in Yemen3.jpg3日、米中央軍は5月19日にイエメン内でアルカイダ活動家に対する攻撃を行い4名を殺害したと発表し、併せてこれまで公開してこなかったが、2016年に入ってからこれまでにイエメン内のアルカイダ攻撃を9回行い、十数名の活動家を殺害していたと明らかにしました

米中央軍の「透明性に対するコミットメントの一環」が公開の理由で、今後は「攻撃が行われたら可能な限り早く発表する」とも報道官は説明したようです

イラク内のファルージャやモスル周辺では、対ISIL作戦が激化しており、猛烈な空爆が繰り出され、精密誘導兵器が大量に使用されているようですが、静かにひたひたと米軍の空爆活動が拡大しているような気がします
ほとんどフォローしていませんが、アジア太平洋地域になかなか手が回らない背景がこの辺りにあります

イエメンでの作戦について米軍報道官は
strike in Yemen.jpg●中央軍報道官のPatrick Ryder大佐は、最も最近の対イエメン作戦は5月19日の空爆で4名殺害したものだと電話会見で述べた
●また作戦は「見つかったら対応する」方式で、2月と3月にもこれまで非公開にしていた作戦を行っており、2月は3日と29日、3月は30日に作戦を実施し、合計11名のアルカイダ活動家を殺害したと明らかにした

●同報道官は同作戦の事実を招致していたが、公開が許可されなかったと説明した
今後の作戦の可能性についての質問に対し同大佐は、どれだけ早く行われるかは説明が難しいが、イエメンの対アルカイダ作戦の公表は可能な限り迅速に行うと説明した

激化する対ISIL作戦の状況
●米中央軍は、3日朝までの約2週間で、イラクのファルージャ奪還作戦のため、周辺に65回の空爆を行ったと明らかにした。一方で、イラク軍はISILの激しい抵抗に直面しているとも説明した
strike in Iraq.jpg●中央軍はISILの抵抗強度を精査しており、敵のファルージャ防御へのこだわり程度を探っている。イラク軍は同時に、モスルの孤立化作戦にも取り組んでいる

シリアでは、Manbij奪還のため作戦遂行中のアラブ連合軍を支援するため、5日間で55回の空爆を米軍が行った
●また米欧州コマンドは、スエズ運河を通過して2日に地中海に入った空母トルーマンが、3日から艦載機による空爆作戦を開始したと発表した
/////////////////////////////////////////////////////

全般状況をよく把握していませんが、いつの間にかISILが守勢に立たされているようです

米国政府高官も米国防省や米軍関係者も、太平洋軍関係者を除き、みんな対ISILで頭がいっぱいな感が漂っています。一つの戦いの「山」ナノかもしれません

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る