So-net無料ブログ作成
検索選択

F-35射出座席問題の一部に解決策確定か [亡国のF-35]

本サイトのFacebookとTwitterもご活用下さい!
Facebookhttp://www.facebook.com/holylandsonettokyo
Twitterhttps://twitter.com/Mongoose2011
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

F-35 ejection seat.jpg8日付Defense-Tech記事は、昨年10月に発覚したF-35射出座席の問題、つまり体重約62kg以下の操縦者が低速で緊急脱出した場合、余分な回転で操縦者の首に危険な力が加わる件に関し、ヘルメットの軽量化以外の対策である、座席に軽量操縦者の射出タイミングを遅らせるスイッチ付加と、座席に頭部を支えるプレートを付加する対策の目途が9月中旬に付くと報じています

1個が4000万円以上する操縦者ヘルメット(HMD)の軽量化対策は来年上旬までかかる模様ですが、共同開発の国別分担の関係から、どうしても英国Martin-Baker製の射出座席をこのまま使用したい米国防省や企業と、他の戦闘機で使用している米国製(United Technologies社製)にすげ替えたい米空軍の間での「押し合いへし合い」は、現座席の「ちょっと改修」の方向に向かいそうな雰囲気です

8日付Defense-Tech記事によれば
F-35 Ejection.jpg●本件に詳しい筋が「Military.com」に語ったところによれば、軽量操縦者用の射出時期遅延切り替えスイッチ付加と頭部保護プレート付加の試験が、9月の第2週には全て完了する模様である
●同座席を製造するMartin-Baker社の報道官も、「2つの対策は試験でとての良い成果を示している」と説明している

2つの改修を検証する試験は9月9日頃に終了する見込みで、Martin-Baker社の幹部は、来週早々にも国防省F-35計画室や米空軍に試験の状況を説明し、既に部隊配備されているF-35座席の改修計画についても議論する模様
●全てが順調に進めば、2つの対策を組み込んだ座席の生産ラインでの製造が、2017年までに開始されることになる

米空軍戦闘機族は依然別の座席に興味も
●2日、米空軍戦闘コマンド司令官のカーライル大将は記者団に対し、米空軍は依然として射出座席代替品の検討を行っているが、Martin-Baker社からの初期段階での対策進捗状況レポートを頼もしく感じていると語った
●そして「全ての試験データを見たわけではないが、とても良いようだ。全ての条件を満たすような結果らしい。彼らは大いに進歩したらしく、詳細なデータを待っている」と表現している

「日本飛行機」が同座席の「北太平洋」整備担当に
Nippi.jpg●7月14日付の日刊工業新聞web記事は、日本飛行機(横浜市金沢区、小島俊文社長)が、F-35射出座席を生産するMartin-Baker社と、日本および北太平洋地域で運用されるF-35の整備に関する覚書(MOU)を結んだと報じた
同社は過去にも、F-4戦闘機やFA-18の射出座席整備を担当した実績があり、この点が評価された模様。北太平洋地域のどの国で運用される機体を整備するかなど、具体的な体制を今後詰める

●7月初旬に英国で開催された「ファンボロー国際航空ショー」で小島俊文社長は「最新鋭機の整備を担うことで、将来にわたって整備技術を獲得できる」と参画の意義を説いた
●なお同社は川崎重工業の完全子会社で、航空機整備を主力事業としてきた。同社は米軍機の修理で長年の実績があるが、F-35も手がけることで、整備技術の蓄積につなげる。
/////////////////////////////////////////////////////

Martin-Baker.jpg日本企業の仕事が増えることはとっても嬉しいことです。「日本飛行機」の商売繁盛を祈りますが、Martin-Baker社製は大丈夫なんでしょうか?
米海軍は、F-14もFA-18もMartin-Baker社製の射出座席を使っているようで、「日本飛行機」もこのつながりなのかも知れません。頑張って頂きましょう

それにしても「日本および北太平洋地域で運用されるF-35の整備に関する覚書」において、今後詰めないといけないのは、「北太平洋地域」に含まれる韓国軍のF-35整備の話でしょう
韓国は日本で整備されることを意地でも拒絶するでしょうからねぇ・・・

F-35射出座席の問題
「米空軍に国防省と企業が反論」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-07-06-1
「米空軍が代替座席の検討依頼」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-06-25
「座席対策は2018年までか」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-01-09-1

「責任譲り合い:F-35射出座席」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-10-17
「F-35軽量操縦者が飛行停止」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-10-02

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る