So-net無料ブログ作成

ボーイング報告書:今後20年の操縦者不足は深刻 [ふと考えること]

Boeing-Co.jpg8月26日、ボーイング社が今後20年間の航空業界における操縦者や整備員や客室乗務員の需要見積もりを発表し、アジア太平洋地域を筆頭に経済発展等を背景にニーズが急増&高止まりすることから、何も対策を打たなければ大きな人手不足に見舞われると予想しています

対策と言っても国外の人材を奪い合うのでは無く、各国が国内での養成システムを確立し、養成に新たな技術や装備を導入して訓練を効率化し、人事施策を充実させて人材の流出を防止し・・・と言った「言わば綺麗事」が並べられており、具体策はありません

もちろん、要員養成や訓練システムも売り込むボーイングによる「お手盛り」見積もりとの指摘もありましょうが、現実として米空軍では、戦闘機操縦者ポストの2割が「空席」となる深刻なパイロット不足に悩まされ、人材の流出に歯止めがかからない状況です

日本も世界市場の中の一部ですから、同様の問題に直面しつつあると思われるので、色々考えつつ、断片的ながらボーイング報告書をご紹介します

下表は操縦者に関する見積もり
同様の表が整備員と客室乗務員にもあり
Pilot-Needs.jpg










「Boeing Pilot and Technician Outlook」によれば
2016年から2035年の間に、世界中で61.7万人の新たな操縦者需要が見込まれ、整備員は67.9万人、客室乗務員で81.7万人の新規需要増が予想される
●経済的発展を受け需要が急増するのはアジア太平洋地域で、操縦者で24.8万人、整備員で26.8万人、客室乗務員で29.8万人の新規需要が生じる予想である

●仮に航空業界が、育成や採用、更に人材確保に新たな道を見つけなければ、数十万人規模で空席のコックピット、整備員不足の工場、サービスが不十分な機内接遇を強いられることになるだろう


米空軍の戦闘機操縦者不足
USAF pilot.jpg●5月20日、米空軍の搭乗員人事管理課長のFarley Abdeen大佐は、戦闘機操縦者の退職率が増加し、危機的な状況にあると語った
●現在3500ポスト有る戦闘機操縦職のうち、511が空席で、この数は9月末には約700に増加する。これは全体の2割に相当する数である

●米空軍は、戦闘機操縦者養成数を増やしたり、「non-flying jobs」に従事している戦闘機操縦者を削減したりすることにより減少の流れをくい止めようとしているが、即効性のある解決策は見あたらない
●一方で、民間航空会社は昨年約3500名の操縦者を採用したが、その採用数は今後約10年間は高水準で維持するものと見積もられている

●3月に議会で証言した米空軍参謀総長は、これまで10年間の義務勤務期間を終えても継続勤務する空軍パイロットが約65%いたが、昨年度は全機種の操縦者合計で55%に低下し、戦闘機パイロットは47%だった。
そしてこの数字は、今年度末時点では全機種統計で49%に低下すると予測されている
///////////////////////////////////////////////////////

Welsh AFA2.jpg現実に米空軍で起こっていることからすれば、急速な少子化が進む日本でも、それ以上の状況が生じているのかも知れません。
いや、日本は「戦闘機だけ命」ですから、何が何でも意味不明の戦闘機機数維持と戦闘機パイロット数維持策が執られているのかも知れません

その結果として、脅威が変化しているにも関わらず、重要な戦闘機以外の分野が疎かにされ、士気の低下や組織の一体感の希薄化を招き、U-125の人的ミスによる山激突事故や犯罪の増加につながっていると考えないのでしょうか???

航空自衛隊は、311東北大震災でF-2戦闘機18機も水没させて地上で無駄にしましたが、これは「神のお告げ」であったと思います。戦闘機への投資を見直せとのメッセージです。
Iwasaki.jpgF-2水没関連で隊員に犠牲が無かったことは奇跡的であり、このこともまんぐーすが「神のお告げ」と考える所以です。現場の隊員は一生懸命なはずですから

「戦略の誤りは、戦術で補えない」・・・航空自衛隊内や周辺に生息する戦闘機命派は、この言葉を肝に銘じ、今時の操縦者等の不足環境を見つめ、「神のお告げ」に耳を傾けるべき時です

ボーイングのレポート
「2016 Boeing Pilot and Technician Outlook」
http://www.boeing.com/commercial/market/long-term-market/pilot-and-technician-outlook/

米空軍の戦闘機パイロット2割不足
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-05-22

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 1

通りすがり

空自の戦闘機第一主義については私も反対ですが、それをU-125墜落と犯罪増加につながったと結論付けるのは乱暴すぎだと思います。今までマングースさんのブログで多くの感銘を受けただけに残念です。
戦闘機命派の感情論を黙らせるような、理論的な記事を期待しています。
by 通りすがり (2016-09-02 16:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る