So-net無料ブログ作成

無人機103機の群れ試験に成功 [Joint・統合参謀本部]

Drone-malti.jpg9日、米国防省が昨年10月末に実施された「無人機103機の群れ試験」の成功を発表しカーター国防長官が「第3の相殺戦略」の一環であることを意識しつつ、「敵に一歩先んじる最先端の技術革新だ」と高く評価しています

今年中に1000機を製造し、次世代機の開発にも取り組む予定だと明らかにしています。

10日付毎日新聞記事によれば
●実験は昨年10月、カリフォルニア州で実施され、3機FA-18戦闘攻撃機が103機のドローンを投下、ドローンが編隊を組み飛行することに成功した。
Drone-malti2.jpg●人工知能などを活用した新型ハイテク兵器を開発するため2012年に発足した戦略能力研究室(SCO:Strategic Capability Office)と米空軍が、マサチューセッツ工科大学が2013年に開発したドローンをもとに共同開発した。

全長約16cm、翼幅約30cm、重量は290gで、最高速度は時速111kmに達する。航空機から投下するだけではなく、海上艦船や地上からの離陸も可能という。
オペレーターが指示した目的地に向け飛行するが、経路はドローン自身が最適の解答を見つけて判断する。またドローン同士が相互に連絡を取り合う能力もあり、編隊飛行ができる

約3分半の試験映像



昨年10月28日に国防長官が同試験に言及
Drone-malti3.jpg●国防省が「第3の相殺戦略:Third Offset Strategy」の一環として追求する無人機の群れ(drone swarming)技術は、今週大きな躍進を遂げた(large step forward just this week)。
●(国防長官は細部への言及を避けつつ、)国防省の戦略能力造成室SCO(Strategic Capabilities Office)が、今後数ヶ月の内に更なる発表を行うだろう

「無人機の群れ:艦艇の攻撃や防御」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-01-10
「海軍研究所の滑空無人機」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-01-04

米海軍が艦艇の防御&攻撃に「群れ」研究
2012年の米海軍の研究論文は、市販の速度150km程度の小型でレーダーに映りにくい無人機10機程度が、イージス艦に全方向から侵攻する様子を700以上のパターンでシミュレーションしたもの。
●イージス艦は対空ミサイルやCIWSシステムのほか、5インチ機関砲を備えているが、研究では追加で6つの重機関銃が装備された場合も想定

Drone-malti4.jpg●発見が難しい小型無人機は、発見から艦艇到達まで約15秒間の対処時間しかなく、8機が侵攻した場合、平均2.8機が防空網を突破する。センサーや防空網を強化しても、1機には突破される結果となった
●侵攻無人機数を増やした場合、防御側が対処可能なのは最初の7機前後であることも明らかになった

●この結果を元に、米海軍は低コスト無人機群技術(LOCUST:Low-Cost UAV Swarming Technology)に取り組み、今は30機の無人機を個々に操作するのではなく、「鳥の群れ」として操ることを狙っている。
●研究責任者のLee Mastroianni博士は、1機180万円程度の無人機の群れを「LOCUST計画」で使用しており、1発1億5000万円する対艦ミサイルより安価だと考えている。同博士は30機の「無人機の群れ」で、今年(2016年)に夏試験を計画
/////////////////////////////////////////////////////

farewell.jpg政権交代の直前になって、カーター長官の米軍による送別式典が行われた同日に、この発表会見が行われています。
カーター長官が最後まで全力を尽くしてきた、技術革新を促進する政策の「果実」の一つです

何度かご紹介してきたように、「無人機の群れ」技術は中国やロシアに対する軍事技術優位を確保するための有力候補で、米軍全体で様々な応用研究が進められています。
先日ご紹介した「無人ボートの群れで港湾防御」もその一環です

無人機の有効活用
「無人艇の群れで港湾防御」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-12-19
「国防長官が技術飛躍有りと」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-10-29-1
「無人機の群れ:艦艇の攻撃や防御」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-01-10

「海軍研究所の滑空無人機」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-01-04
「AI操作の無人機が有人戦闘機に勝利」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-11-19
「米空軍が小型無人機20年計画」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-05-18

「IS無人機で初の犠牲者」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-10-15-1
「国防省戦略能力室の主要課題」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-09-10

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る