So-net無料ブログ作成
検索選択

ACC司令官:F-15C退役はやむなし!? [米空軍]

F-15C-Arctic.jpg13日、米空軍戦闘コマンド司令官のHolmes大将が米空軍協会機関誌のインタビューで、限られた予算の配分を考えると、次世代制空機(PCA)導入を進めるタイミングで、1機に30億円以上かけてF-15Cを10数年延命させる選択肢があり得るだろうか・・・と苦しい胸中を明かしています

米空軍F-15Cの退役は、兄弟機である航空自衛隊が約200機保有するF-15J戦闘機の「維持」に直結しかねない問題でアリ、「America First」で「Buy American」主張前面押し出しのトランプ政権を考えれば、他の日本の産業を守るため国防装備購入で妥協する可能性の高さを思えば、「F-35の追加押し売り」にも容易に発展する事態である事から大騒ぎしているところです

米空軍F-15Cは230機の大半が州空軍に所属して本土領空保全任務に従事していますが、F-15C退役後にこの役割を担う想定になっているF-16戦闘機300機に対する、延命措置実施を先日米空軍が決定した時点で、実質「F-15C引退」は既定路線なのかも知れません。ただし、引退は早くても2022年からで、その決定も2020年頃になるとの米空軍首脳の言い振りでしたが・・・

20日付米空軍協会web記事によれば
HOLMES4.JPG●最近米空軍首脳がほのめかしているF-15C制空戦闘機の退役については、A-10の「二の舞」で議会の反対で潰される可能性もある。しかし新ACC司令官は13日、遅かれ早かれ、その動きは避けられないとの見方を示した

●Holmes大将は、「最新のF-15Cでも31年前に購入したモノで、真に酷使されている」「機体中心部分への構造的な手入れなしでは、運用を継続するのは不可能と技術者達は言うだろう」「空中分解のリスクを冒して運用する事になる」等の表現でF-15Cの老朽化を語った
●米空軍は、ボーイング社と空軍兵站コマンドから延命のための構造補強費が1機30~40億円で、現状のまま寿命まで維持するには年間1億円程度が必要と伝えられており、Holmes司令官は「現状維持で使用が妥当なラインで、10年延命するのに30~40億円はそう思わない」と語っている

次期制空機PCA導入のために
F-15C2.jpg●そして同大将は、2020年代後半の予算状況が現在と変わる見通しが無く、現在の戦闘機飛行隊数55~60個を維持し、F-35が中心で次期制空機PCA(Penetrating Counterair Air)の導入開始を想定すれば、選択の必要があると語った
●また同司令官は、F-15Cの退役時期は2022年までに決定すれば良いとの考え方もあるが、PCA開発に進む決断をするのであれば、必要経費確保の見積もりを説明する必要があり、戦闘機体制の計画を立てておく必要があると説明した

●また米空軍がF-16能力向上と延命を決断したことについて、より新しく飛行可能時間が多く残っており、予算だけで無く、人的戦力確保の面でも実行可能性があると語った。
●更にF-16は本土防空に適し、新たにAESAレーダーや相互通信能力を付加することで、今後重要になる巡航ミサイル対処にも適応できると語った
//////////////////////////////////////////////////////////////

米空軍参謀総長は議会等との関係に配慮して「まだ何も決まっていない」と語る一方で、前線を預かる州空軍司令官や戦闘コマンド司令官は、「F-15C退役はが最も妥当、致し方ない」との思いを精一杯伝えています。

A-10全廃を先送りさせたような形で、米議会の有力議員が反対し、外野の軍事専門家が議会をバックアップする体制となれば別ですが、「F-15C/D」退役の方向は既定路線の様相です

F-15C.jpg米国で捨てられそうな部品や解雇されそうな重要技術者がいれば、日本は確保に走るのでしょうか??? 
必要な戦闘機の機数や飛行隊数の議論に「引火」する事を恐れ、ずるずると意志決定を先延ばしにし、結果として米国から足元を見られ、「言い値」で買わされるようなことがないようにお願いしたいモノです

米空軍F-15の関連記事
「米空軍がF-16延命へ:F-15C退役に弾み?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-04-13
「衝撃:制空用F-15全廃検討」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-03-23
「現実的で低価格なF-15能力向上案」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-09-15

「米メディア:心神よりF-15改修」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-02-16
「F-15全機の電子戦機材換装へ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-10-05
「米空軍がF-15と16の延命検討」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-09-25

「F-15の寿命を2倍に」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-09-27
「F-16の延命措置300機」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-08-31-1

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る