So-net無料ブログ作成

米議会見積:今後30年で核兵器予算は140兆円 [安全保障全般]

B-2restart.jpg10月31日、米議会の予算検討室CBOが、現状の政府計画で今後30年間に核兵器の維持開発にどれだけ予算が必要かの見積もりを公表し、近代化に約45兆円($800 billion)、維持と運用に約90兆円($400 billion)など、計約140兆円が必要だと分析しています

同CBOは今年2月、今後10年間の同経費見積もりを約45兆円と発表していましたが、これを30年スパンに拡大して見積もりを公表したもので、つまりは、「こんな計画は実行できるわけねぇーだろ!(怒)」、今政府が検討しているNPR(核体制見直し:Nuclear Posture Review)でしっかり現実を直視してアウトプットを出せ・・・との思いが滲んでいるように感じます

そんな思いは、同見積もりに、全く「近代化」を行わなかった場合は総経費が約50%削減できる、との見積もりも含まれている点からも察することが出来ます。

本見積もりを紹介する31日付Defense-News記事からは、何が近代化で、何が維持なのか、何が国防省担当で、何がエネルギー省担当なのか等々、細部区分がわかりにくいのですが、爆撃機もICBMも指揮統制も負担する米空軍が、F-35やKC-46A購入とダブって「実行可能性?」な状況はTake Noteしておきましょう

31日付Defense-News記事によれば
Ohio-Class.jpg●今後30年間で近代化更新計画されているのは、オハイオ級戦略原潜の後継導入(約35兆円)、ミニットマンⅢ後継ICBM導入(17兆円)、戦略爆撃機B-21導入(約30兆円)、その他に約5兆円とCBOは見積もっている
●これらシステムを維持近代化する国防省が約100兆円で、核弾頭の維持開発や関連研究施設を担当するエネルギー省が約40兆円必要と見積もられている

別の区分でCBO見積もりを見てみると
・「短距離の戦術的運搬システム(航空機)と弾頭の運用・維持・近代化:operation, sustainment, and modernization of tactical nuclear delivery systems — the aircraft capable of delivering nuclear weapons over shorter ranges — and the weapons they carry」に、約3兆円

・「戦略的な核兵器運搬手段と弾頭の運用・維持・近代化、潜水艦用原子炉:operation, sustainment, and modernization of strategic nuclear delivery systems and weapons — the long-range aircraft, missiles, and submarines that launch nuclear weapons; the nuclear weapons they carry; and the nuclear reactors that power the submarine」に、約85兆円

・「核兵器を支える研究や製造施設、指揮統制・通信・早期警戒システム:complex of laboratories and production facilities that support nuclear weapons activities and the command, control, communications, and early-warning systems that enable the safe and secure operation of nuclear forces」に、約50兆円

Minuteman III 4.jpg特筆すべきは、CBO見積もりが、近代化を全く行わず、兵器の更新と維持のみに絞った場合のケースを取り上げ、総経費が約50%削減できると指摘している点だが、この案は国防省がこれまで繰り返し拒否しているところである
●核兵器不拡散(核兵器削減)論者は、皮肉たっぷりに、「CBOが示した数字の実現は、幻想世界の虹の向こうに見える、打ち出の小槌でもない限り、破滅的な現実に直面する」と指摘している

国防省関係者は予算問題に関し、核兵器関連予算の規模は、今後30年間の国防予算の6%に過ぎないと主張しているが、CBOの見積もりでは「2017年に5.5%で始まり、2020年代後半から30年代前半に8%のピークを迎え、20204年代に4.5%まで徐々に下がる」と予想している
●特に、戦略爆撃機と巡航ミサイルとICBMに加え、指揮統制システムも担う米空軍に、F-35とKC-46A等の装備購入が重なる2020年代初頭から中盤にかけて訪れる「装備調達の大波」対応が迫ってくる

●専門家は「もし政権が核体制見直しNPRで3本柱の規模縮小を打ち出さなければ、国家安全保障に重要な他の予算計画を脅かすことになる」と警告している
////////////////////////////////////////////////

B-21 2.jpg核兵器というのはお金がかかるんです。 軽々しく核兵器の保有を叫ぶ人がいたら、その辺への理解をぜひ確認したいものです

またその維持には特別な施設や組織が必要であり、またその運用に携わる人は、使用の可能性が極めて低い中で、訓練や待機を続け、士気を維持しなければなりません。非常に扱いが難しい兵器です

日本では普通に議論できない分野でもありますので、以下の関連記事をご参考に、思索を深めて頂きたいと思います

21世紀の抑止概念を目指す
「3本柱はほんとに必要か?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-07-22
「米戦略軍も新たな抑止議論」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-03-11
「21世紀の抑止と第3の相殺戦略」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-03-03

「相殺戦略特集イベント」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-10-29-1
「期限を過ぎてもサイバー戦略発表なし」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-04-25

NPR(核態勢見直し)関連
「次期ICBMと核巡航ミサイルの企業選定」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-08-27-1
「マティス長官がNPRに言及」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-06-15-1
「トランプ政権NPRの課題」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-02-09

「2010年NPR発表」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-04-07
「NPR発表3回目の延期」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-03-02
「バイデンが大幅核削減を公言」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-02-19

戦術核兵器とF-35記事など
「戦術核改修に1兆円」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-10-20
「F-35戦術核不要論」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-08-16
「欧州はF-35核搭載型を強く要望」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-07-22
「F-35核搭載は2020年代半ば」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-09-23-1
「F-35は戦術核を搭載するか?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-07-06

ICBM後継に関する記事
「初のオーバーホールICBM基地」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-05-15
「ICBM経費見積もりで相違」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-09-26
「移動式ICBMは高価で除外」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-06-16
「米空軍ICBMの寿命」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-09-16
「米国核兵器の状況」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-02-25-1

オハイオ級SSBNの後継艦計画関連
「次期SSBNの要求固まる」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-04-08-2
「オハイオ級SSBNの後継構想」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-01-25-1
「SLBMは延命の方向」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-04-13

「RAND:中国の核兵器戦略に変化の兆し」
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-03-19

三浦瑠璃女史の北朝鮮と核持ち込み
http://lullymiura.hatenadiary.jp/entry/2017/04/24/000359

ロシアのINF条約破り
「露を条約に戻すためには・・」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-07-20
「ハリス司令官がINF条約破棄要求」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-04-29
「露がINF破りミサイル欧州配備」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-02-15
「ロシア巡航ミサイルへの防御なし」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-04-06

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る