So-net無料ブログ作成

リン副長官がグアムで語る [米国防省高官]

グアムの再編は、地理的に分散して作戦面での抗たん性を増し、合わせて政治的にも持続性を持たせる事を目的とした、アジア地域における米軍体制変更の一部である」

lunn6.jpg27日、初めてグアムを訪れたリン国防副長官は、グアムの行政関係者や地域社会のリーダー層を前に、グアムへの米軍増強に理解を求めました。
冒頭の言葉は、リン副長官がグアム再編の位置づけを表現した部分です。6月5日にゲーツ長官がシャングリラ・ダイアログでアジア太平洋地域の各国国防相を前に演説したのとほぼ同じ表現で、「分散によるResiliency(抗たん性・弾力性)」の確保の重要性を語っています。
「(3)シャングリラ・ダイアログ演説」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-06-05

普天間とグアムの問題は、10数年前に日米間で話が始まった当初はいざ知らず、現在では中国への対応を念頭に置いた「Joint Air-Sea Battle Concept」の具現化の一要素として米国は見ていると考えられます
「Joint Air-Sea Battle Concept」の関連記事一覧はこちら 

lynn2.jpgつまり、脆弱で数が少ない西太平洋地域の作戦基盤基地の抗たん性を強化すること、緒戦で中国の攻撃をまともに受ける嘉手納や西日本の基地の兵力を分散することを追求する一環として、普天間からグアムに海兵隊は移転するのでしょう。
当然、米国は日本に対しそのような表現は使いません。なぜなら、日本から資金提供を受けるには、沖縄の負担軽減を「錦の御旗」にする必要があるからです。日本からの資金は、周辺のサイパンやテニアンの基地増強にも充てられるかもしれませんが・・・・。
「ついに経費負担増要求」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05

リン副長官はグアム大学でのスピーチで他にも・・・
グアムは、地域の同盟国と潜在的なホットスポットへのアクセスを提供する中心的な位置にある。地域の鍵となる日本、韓国、フィリピン、インドネシアなどへ、航空機で2時間半、船で2日の距離にあるからである。
●現在はイラクとアフガンでの戦いに集中しているが、国防省は将来も見据えている。グアムは将来の国家(防衛)の中心をなす。グアムは当地域における軍編成のリンチピンである。
グアム米軍の再編は長期計画である。まずは移転してくる海兵隊の施設を整備し、後に「長期に成功の未来」のための建設事業の管理を行う。

lynn3.jpgグアム島民の不安除去が訪問の主目的なようで・・
●現在7500人の兵士と家族8400人が所在しているが、2006年の日本との合意によれば更に兵士8500人そして家族9000人がグアムに移転する。
●この移転がグアムの米国市民17000人の文化や生活に極力影響を与えないように、また水道や電気、港湾施設等の生活・公共インフラが破綻しないように調整しながら移転を進めていく。
住民の最大の懸念は、チャモロ文化の重要拠点であるパガット(Pagat)に予定されている海兵隊の射撃訓練場であるが、地域住民が受け入れられる方向を共に探っていきたい。(以上が米国防省HP記事概要)
///////////////////////////////

一般住民1,7万人に、3.5万人の軍人とその家族・・・。マリアナ諸島のビーチ名物「なまこ」もびっくりの生態系変化ですね・・・。米側も大変だ。徐々に、慎重に、との副長官の言葉使いからは、日本側の対応の遅さだけでなく、予算面等での厳しさも伺えます。

・・などと書いていたら、28日14時58分読売電子版で・・・
lynnRQ4.jpg米国防省の統合グアム計画事務所は27日夕(日本時間28日朝)、沖縄に駐留する米海兵隊約8000人のグアム移転に関する環境影響評価書の最終版を公表し、日米両政府が合意した「2014年」の移転完了期限を断念する方針を正式発表した。(写真はグアムのRQ-4グローバルホーク格納庫
 新たな期限は「今後、決定される」としながらも、環境への影響を軽減するため移転を最大で6年間遅らせ、20年を完了期限とする「試算」を提示している。
 評価書によると、環境への影響軽減措置として、〈1〉海兵隊員の移転速度の緩和〈2〉基地建設の速度がグアムのインフラ能力を上回らないように調節する「適応性のある計画管理」――の手法を導入する。
・・・・・との報道がありました。

(経費縮減関連)
「11万人削減案を長官へ」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-07-26
「国防省コストカット」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-06-30-1
「前線兵士と将来へ9兆円捻出」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-06-25
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1