So-net無料ブログ作成

中国海軍の何を恐れるか [中国要人・軍事]

ColeBernard.jpg5日、米国防大学のコール教授(Bernard Cole)中国海軍についてシンクタンクCNP(Center for National Policy)で講演しました。尖閣列島での中国漁船衝突事件を巡って騒がしい中でもあり、中国海軍を見る視点として参考になると思われるので紹介します。

コール教授曰く
もし中国海軍が空母を造りたいと思っているなら、たくさん建造して欲しいと思う。なぜなら空母なら我が潜水艦の絶好の目標になるからである。
●私が恐れるとしたら、中国が2万トン級の複数の艦艇に百機の無人機を搭載した場合である。
●また、今中国は旧式の補給艦を5隻保有するのみだが、仮に2万トン級の補給艦を20隻程度調達し始めた場合は、外洋海軍への転換の前触れとして注目すべきであろう。
●しかし私は、中国がそのような行動に出るとは考えていない。ここ十年の中国海軍の様子を見ていると、米国による台湾の支援を困難にし、広い意味では中国海軍の近代化を進めていると考えられる。

WenJibao.jpg最近中国は、尖閣列島で日本の政府船舶に衝突した事案や公海上で通常の活動をしていた海洋調査船インペカブルへの(妨害)行動など、悪さを働いている。これら最近の動きは中国共産党の権力委譲に関連する動きであろう。
●最近のニューヨークタイムズが、温家宝首相が人民日報1面に載せた反論を取り上げていたが、これらにも中国の事情が見えるような気がする。
//////////////////////////////////

中国の態度に「怒り心頭」の皆様も多いと思いますが、こんな時ほど冷静に見る必要もありそうです。
少なくともHolylandは、空母の脅威を中心に据えただけの国防は道を誤ると思います。
///////////////////////////////////////////

映画化で話題の442連隊の記事は以下に・・・
魂の救出作戦http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2009-11-03
米軍トップが賞賛http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2009-11-04

長距離攻撃(LRS)システム構想
「序論:長距離攻撃(LRS)構想」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-10-25
「本論1:長距離攻撃(LRS)構想」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-10-26
「本論2:長距離攻撃(LRS)構想」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-10-26-1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1