So-net無料ブログ作成

シャングリラで武器輸出3原則を!? [安全保障全般]

ShangriLa_2011.JPG


アジア安保の一大行事
2011シャングリラ・ダイアログを以下の記事でフォローしました
   ↓    ↓     ↓      ↓
「米の動向:シャングリラ2011」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-06-01
////////////////////////////////////////////////////////////////////////

シャングリラ・ダイアログに向けて(前半)

sm3_aegis.jpg5月27日(金)、武器輸出3原則関連で当面最も大きい日米間の懸案、つまり日米が共同開発している弾道ミサイル迎撃用ミサイルの海上発射型SM-3 Block IIAの輸出許可問題に関する発言が日米双方で報じられています。
それと大事なこと!! ゲーツ長官がまたシャングリラに来てくれるようです。アジア政策について新たな言及があるか注目しましょう!!!

まず日本側では北澤大臣がぶら下がりで・・・
第10回のシャングリラ・ダイアログアジア安全保障会議:6月3-5日)が近いので、官房長官と二国間や多国間の会談について打ち合わせをした。
●(シャングリラでの米とのバイ会談でSM-3の話をするか?)ゲーツ長官にはたびたび申し上げているし、色んな機会で申し上げているように、今年中にこの件については結論を出すと言う方針に変化はない
●(「2+2」で輸出方針を確認するのか?)どうなるかと言うことは全く決めていない。

27日付「DefenseNews」は・・・
sm3bl2a.jpg●米国からの度重なる要求を受け、日本の防衛省筋は、日本がSM-3 Block IIAの第3国への輸出について前向きに検討している事を認めた。(confirmed that Japan is actively considering)
防衛省の報道官は、慎重に両国政府間で検討しているが、防衛省として結論に達しているわけではない、とコメントしている。
しかし27日防衛省高官は、「防衛政策局で本件について検討している」と語り、6月に開催予定の2+2までに、どのように武器輸出3原則を緩和するかについて鋭意検討している事を認めた。

●防衛省によれば、防衛省は本年度473億円をSM-3 Block IIAの研究費に充てており、IAやIBと比較して4-6割ほど射程距離を伸ばし、弾頭も大きくなる模様。
米国防省は2009年9月に、SM-3 Block IIAを2018年までに欧米等に配備すると発表している。日本の経団連も武器輸出3原則を見直すよう、継続的に日本政府に働きかけている。
在日米国大使館は本件に関する直接的なコメントを避け、「BMDでの協力関係は日米防衛協力関係の中核である」とのみ語った。
/////////////////////////////////////////////

米国は予算が厳しいことから、米自身は最先端の中核的技術研究開発に専念し、他の分野は同盟国等との共同で経費を浮かそうと考えています。昨年のQDRでもこの辺りは明確に記述されており、世界中の同盟国等と米国は協議を行っています。

cyberwar.jpg他国から「機種選定」までして最新兵器を購入しておきながら、武器輸出してないからに「日本はよい子」との発想偽善以外の何者でもないと思いますが・・
未だに日本との間では進展がないんですねぇ・・・経団連頑張れ!楽天が脱退しても・・。

「米が武器共同開発の方針転換」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-04-22  
「武器輸出管理システム改善とQDR」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-03-09
「武器輸出3原則の偽善」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-09-15-2

週末ゲーツ長官最後のシャングリラです!昨年は中国とバトル
「シャングリラ演説」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-06-05
「質疑:シャングリラ演説」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-06-10
ShangriLa_2011.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0