So-net無料ブログ作成

在韓米軍司令官の交代 [Joint・統合参謀本部]

7月14日、在韓米軍司令官が交代しています前司令官だったSharp大将の退役式が行われたタイミングとなりましたが、お隣の国ですのでご紹介しておきます。

新司令官はJames D. Thurman陸軍大将です
thurman3.jpg●一般大学卒業後、1975年歩兵士官に。その後AH-64 Aviator搭乗士官へ転換、中堅士官として空中騎兵部隊を歩む。その後は・・
●統合参謀本部J-5補佐官、南部欧州軍司令部(イタリア)、陸軍参謀本部訓練課長クウェート多国籍軍作戦部長、陸軍副参謀総長付航空戦力特別チーム長等々

●前職では、米陸軍最大のコマンドで予備役や州兵を含めると75万人を配下に訓練を施し、各地域コマンドに差し出すU.S. Army Forces Command司令官をJune 2010から本年7月まで勤めていた。

●実戦経験は・
--湾岸戦争時に第一騎兵師団長、コソボ作戦にも参加
--イラク戦争開戦時多国籍陸軍作戦部長
--イラク戦争後の復興期に多国籍部隊バクダッド師団長

アジア勤務は初めてのようです。アパッチヘリ搭乗員として、北朝鮮の特殊部隊対応や朝鮮半島でのCOIN作戦を考えていただきましょう。
///////////////////////////////////////////

SharpKorea.jpg9月1日、前任者Walter L. Sharp陸軍大将の退役式がワシントン郊外で行われました。
08年6月から11年7月まで、異例の長期勤務となったシャープ大将です。この間、韓国の政権は嫌米政権から親米指向政権へ代わり、北からの砲撃もあり、在韓米軍の兵力再編は道半ば・・。
大変な勤務でした。

マレン議長は・・
SharpKorea2.jpg●湾岸戦争砂漠の嵐作戦からハイチでのOperation Uphold Democracy作戦、更には不安定な朝鮮半島の停戦維持等、シャープ大将は自らの兵を鍛え、複雑な世界情勢に的確に対応してきた。そして全ての海外勤務地で、同盟強化だけでなく、友人を得ることでも人後に落ちなかった
/////////////////////////////////////////

米国からは、朝鮮半島情勢やその対応に関する動きが全く聞こえてきませんが、組織は淡々と引き継がれています

「在韓米軍の再編は順調」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-03-27
「在韓米軍は兵士に不人気」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0