So-net無料ブログ作成

嘉手納F-15は韓国KALが整備 [安全保障全般]

まんぐーすは知りませんでした・・

AirForce Magazine4日付Daily Reportによれば・・・
F-15kadena.jpg9月21日、米国ジョージア州の空軍基地で米空軍とKorean Air Linesの調印式が行われ、今後5年間、プサンにあるKALの工場で嘉手納所属F-15の計画兵站整備(programmed depot maintenance) を行う契約が結ばれた。
●米空軍司令部のF-15担当中佐は、「1982年以来、F-15の能力発揮の為にKALと米空軍は強固なパートナー関係にある。KALの整備能力は間違いなくワールドクラスである」と調印式で述べた。
●嘉手納所属する54機のF-15に対し、毎年平均すると9機をKALで整備する事になるが、契約上は年間最大12機の整備を受け入れることになっている

次は全く異なる米の軽攻撃機のニュース
同じく4日付Daily Reportによれば・・・
AT-6C-3.jpg●先週、米州空軍の予備役コマンドが担当して実施中のAT-6C軽攻撃機(light attack aircraft)の試験で、初めてレーザー誘導爆弾GBU-12の投下試験を行った。
●AT-6Cの各種試験は、議会からの予算承認を受けて4月から第2段階に入っており、今後250ポンドのレーザー誘導爆弾GBU-58や空中戦用のpod型機関砲の試験も行う。
●またAT-6Cは、本年12月からの最終フェーズの試験で、レーザー誘導ロケット弾など実験段階の兵器も試す予定である。

関連記事
「デモ映像:ブラジル製軽攻撃機」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-02-24-1
「プロペラ攻撃機が復活か」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-10-18-1
////////////////////////////////////////

断片的な記事の羅列で大変恐縮ですが、なぜ嘉手納のF-15が韓国企業によって整備されているんでしょうか??? 日本国内の軍需産業が厳しいと言いながら、商売レベルで韓国に競り負けていた・・・いや恐らく、政府を挙げての売り込み合戦で韓国が強力な力を発揮したのでは・・・
K-popや韓国女優は綺麗なので許してしまうのですが、こちらの方は何とかしていただきたいモノです。

軽攻撃機はどこまで追求するんでしょうか? 途上国に提供するのか・・・
先日の海兵隊後継機の話ではないですが、とりあえず予算がないから「つなぎ機種」として急浮上したりして・・・。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 2

keita

日本は既に次の主力戦闘機のF35の整備を請け負う事が決定してます。

F35の整備は日本は日本と在日米軍、その他アジア太平洋エリアのF35戦闘機の整備をします。

韓国もF35を40機ほど購入予定で日本で整備する事になるかもしれないと言う反発があるのでその辺りも考慮してのF15の整備を韓国にと言う事になったのかもしれません。

それに年9機、最大12機の整備を5年の契約ですからさほどの数ではありませんし日本やアメリカはF35の製造と導入に専念したいと言う事ではないでしょうかね。

5年契約が切れる頃には在日米軍の主力戦闘機はかなりの割合でF35になってる様に思いますし。

日本はF35の他に自国でF35をライセンス生産したりF35の機体や部品生産を請け負ってるので在日米軍の一部の整備を安値で落札するメリットもないですかね。

どちらにしても韓国がF15の整備を落札しても整備するのはアメリカ人だと思います。

確か在韓米軍の整備してるのも請け負ってるのは韓国企業ですが結局はアメリカ人技術者が整備しているようですし。

ただ以前韓国で整備したF15が沖縄の海に落ちましたので心配はありますね。

まあ日本の自衛隊だけでもF15は200機ほど保有してますからそれから考えても大した数ではないですね。
by keita (2015-01-14 04:42) 

keita

日本は既に次の主力戦闘機のF35の整備を請け負う事が決定してます。

F35の整備は日本は日本と在日米軍、その他アジア太平洋エリアのF35戦闘機の整備をします。

韓国もF35を40機ほど購入予定で日本で整備すると言う反発があるのでその辺りも考慮してのF15の整備を韓国にと言う事になったのかもしれません。

それに年9機、最大12機の整備を5年の契約ですからさほどの数ではありませんし日本やアメリカはF35の製造と導入に専念したいと言う事ではないでしょうかね。

5年契約が切れる頃には在日米軍の主力戦闘機はかなりの割合でF35になってる様に思いますし。

日本はF35の他に自国でF35をライセンス生産したりF35の機体や部品生産を請け負ってるので在日米軍の一部の整備を安値で落札するメリットもないですかね。

どちらにしても韓国がF15の整備を落札しても整備するのはアメリカ人だと思います。

確か在韓米軍の整備してるのも請け負ってるのは韓国企業ですが結局はアメリカ人技術者が整備しているようですし。

ただ以前韓国で整備したF15が沖縄の海に落ちましたので心配はありますね。

まあ日本の自衛隊だけでもF15は200機ほど保有してますからそれから考えても大した数ではないですね。
by keita (2015-01-14 04:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0