So-net無料ブログ作成

不沈F-35と低酸素F-22 [亡国のF-35]

注意!
米国防長官はF-22を全面飛行禁止にしたわけではありません
15日に国防省報道官が会見で説明したように、アラスカなど飛行訓練場の近くに着陸飛行場が確保しにくい場所のみです
http://www.defensenews.com/article/20120515/DEFREG02/305150016/Pentagon-Puts-Restrictions-USAF-8217-s-F-22-Fleet   「defense-new」より
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

F-22:低酸素症原因特定に光

8日、米空軍のJanet Wolfenbarger中将は上院軍事委員会で、F-22操縦者に10数件発生している原因不明の低位酸素症のような症状の原因調査の状況について証言しています。
米空軍は数年にわたってこの問題を調査し、最近では国防省だけでなく、NASAや学会や産業界から広く人材を集め、集中的に調査に当たっています。

60 Minutes2.jpg60 Minutes.jpg一方で、とりあえずの対策は行ったものの、いわば見切り発車状態で原因不明のまま飛行を再開していることに関する現場の不満があるようで、先週末のTV人気番組「60 Minutes」に2名のF-22操縦者が出演し、「F-22での飛行が不安。操縦機種を変わりたい」と発言し物議を醸している所です

Wolfenbarger中将は・・
●F-22操縦者が体験した低酸素症のような症状について、その原因を突き止めつつある。これが原因だと発表できる段階にはないが、ある程度の原因絞り込みが進んでいる。
WolfenbargerLTG.jpg●最近のデータ収集から、原因探求が終結に向かいつつあるのではと感じている。我々はF-22が運用される他の航空機とは異なる極限の状況に目を向けつつある。

●F-22と同様の酸素生成装置(OBOGS)を搭載するF/A-18E/F Super Hornetも経験しないような、高々度で激しい機動をhigh-Gを掛けつつ一定時間飛行する極限状況飛行を行うF-22のクレイジーな性能との関係に注目している
●F-22は(我々の知る)航空宇宙科学の限界を越えようとしている点にヒントがあるように感じている

「なぜF-22がUAEに展開!?」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-05-01
「F-22再度飛行停止と再開」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-10-24
「F-22操縦者に謎の症状」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-08-31
////////////////////////////////////////////

不沈F-35の試験状況

8日付「Defense Tech」が「unsinkable:不沈」と呼ぶF-35の試験状況について、ロッキード社が8日発表を行っています。2012年の1月から4月末までの実績をまとめたようです。
細部の読み方がよく分かりませんが・・ご興味の方は細かな日ごとの試験内容等が原文にありますのでご確認下さい

ロッキード社の発表では・
●4月末までに全飛行地上試験(SDD: System Development and Design)の25%が終了した
●最新版の机上搭載ソフトBlock 2Aは9割以上組み上がり、その内の85%が実験室や飛行試験で確認中状態にある。今年いっぱい本ソフトの各種試験を継続し、2013年夏には訓練用に提供できる予定

F-35FrontB.jpg●3月は過去最高の飛行試験を消化でき、夜間空中給油や機体外部搭載の試験も始まった。この勢いで、ステルス性、超音速飛行、高機動性、史上最高のセンサー融合の試験に進んでいきたい
●1月から4月までの間では、予定の飛行281回に対し、373回実施することが出来た。F-35の教育を行うフロリダ州エグリン基地では、教育開始準備のためのフライトが
●日本が導入するF-35A型は・・本年に入り164回飛行し、累計で811回飛行した

ところで7日ロッキード社は・
●これまでの試験で判明した不具合を修正するため、再設計費として約200億円の契約を国防省と結んだ。

「カナダ検査院国防省批判」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-04-04
「米会計検査院のF-35批判」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-03-21
「F-35の生産開始は早すぎた」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-02-08
/////////////////////////////////////////

今年に入って、「初めて夜間飛行」、「初めて胴体内から爆弾投下」、「初めての編隊飛行」等々の初物ニュースがF-35に続いていましたが、全体の1/4が終了したそうです。

F-35weaponrele.jpgこの時点で200億円の設計修正費・・。今後、より高度な本格的試験が開始されたら・・と心配せずにはおれません。そういえばケンドール次期国防次官(取得開発担当)も「今後の試験で不具合が発生しないことを祈る」と無い物ねだりでしたが・・。

F-22の霧が早期に晴れることを祈ります。ここでも女性が活躍ですね!

「レーザー兵器の開発動向」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-04-01
「特殊部隊女性中尉の死」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-10-27
「宇宙ドメインで頑張る女性」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-11-26
「空軍No2の美人女性頑張る」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-05-13

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0