So-net無料ブログ作成

F-35飛行停止の続報:エンジンブレードに亀裂 [亡国のF-35]

速報!京都のレーダーサイトに第2のXバンドレーダー配備へ
時事通信:21日の日米首脳会談で合意の模様

9月のパネッタ長官来日時に第2のXバンドレーダー配備に言及・・・
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-09-18
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

F135 en.jpg加州エドワーズ空軍基地で、F-35Aに搭載されているF135エンジンのブレードに亀裂が見つかり、22日、海軍用及び海兵隊用F-35を含む全てのF-35に飛行停止指示が出ました
当該エンジンはコネティカット州にあるPratt & Whitney社に移送され、精密な調査が行われるようで、関係者によれば、調査が終了するまで飛行停止が継続するとのこと

22日付Defense-Newsが本件に関し、補足情報を掲載していますのでご紹介します。併せて、フロリダで開催された空軍協会冬総会でのF-35を巡る話題も取り上げます

F-35飛行停止に関して
F135 engine3.jpg●エドワーズ空軍基地で19日ボアスコープによる定期点検を受けていたF-35の「low pressure turbine blade」に亀裂が発見された
●Pratt & Whitney社のMiddletownにある施設で精密検査が行われるが、原因等を特定するには1週間程度が必要だとP&W社広報担当は語った
当該エンジンは、409回のフライトで約700時間の飛行履歴がある

P&W社長が語る「わが社の姿勢」
Pratt & Whitney.jpg●今回は空軍用F-35A型のエンジンでトラブルが発見されたが、海兵隊用垂直離着陸のF-35B型のエンジンにも1月16日問題が見つかり、飛行停止になったことがあった
●このときはエンジンの油圧システムの問題が明らかになった。油圧配管が誤っている部分が6箇所発見され、同時期に同製造ラインで製造されたエンジンが一斉点検された。

●P&W社のCroswell社長は、問題の油圧系統部分は下請け企業が担当した部分で、同様の誤りが発生することは極めてまれである、と空軍境界冬総会で語った。
●また同社長は、エンジンに関する追加経費はわが社が負担し、決して税金の追加投入を求めない契約でP&W社は本事業に参画しており、我々の本計画への貢献を示す一つの指標と見ていただきたい、と述べた

空軍協会冬総会で(飛行停止は総会終了後発表)
Welsh4.jpg●(空軍参謀総長は)予算上の制約で、2013年度に空軍が受領するはずだった3機のF-35は、2014年度受領に遅れることになる。しかし現時点で、将来の計画にどのような影響が出るかについて応えることが出来ない
●(フィールズ作戦部長予算の強制削減を受け、全てのオプションがテーブルの上にある。議論の対象外は無いと認識している。

米空軍は現計画通りF-35を1763機必要としており、現在与えられている戦略を遂行するため、その数字を削減することは現時点で考えていない。
●仮に現戦略やその他変更が生じれば別だが、1763は空軍に必要な機数である。中国やロシアの同分野での進歩は懸念事項であるが、その状況に対応するのが1763機である。
////////////////////////////////////////////////////////

F135 en2.jpg19日に亀裂が見つかり、22日まで飛行停止の公式発表が無かったのは奇妙です
安全の追求は最重要で、実質上は19日中か、少なくとも20日には飛行停止指示が全軍に命じられていたはずです。

素人の勘ぐりですが、空軍協会総会での混乱を避けるため、総会終了の22日まで発表を延期していたのではないでしょうか? 「エンジン・ブレードの亀裂」はそれぐらいインパクトのあるトラブルだと思いますが・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0