So-net無料ブログ作成

再び、イラン軍機が米無人機を要撃(でも失敗) [Joint・統合参謀本部]

昨年11月1日、イラン空軍機Su-25が米軍のMQ-1プレデター偵察無人機を公海上で要撃し、ミサイル2発で撃墜を試みたものの失敗した事案をご紹介しましたが、再びイラン機と米無人機が接近しました

昨年の事案
「イランSu-25がMQ-1を攻撃」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-11-10-1

14日付米国防省web記事によると
F4Iran.jpg12日、アラビア海の公海上空を定期的な偵察飛行を行っていたMQ-1が、イラン軍のF-4ファントム2機に要撃され、最短16マイルまで接近された。
MQ-1は米軍の2機の航空機(機種等非公開)にエスコートされており、エスコート機から無線でイラン機に警告を行ったところ、イラン戦闘機は飛び去った

●米国防省のリトル報道官は声明を発表し、「エスコート機も含め、米軍機は全ての期間公海上を飛行していた。再接近は16マイルであった」と述べた。
昨年11月の事案の際、米政府はイラン政府に「イラン軍機のミサイル発射は受け入れ難い行為である」と通告した。
●当時デンプシー統合参謀本部議長は、米国は同様の公海上での偵察飛行を引き続き継続し、任務に当たる米軍機を防御すると述べた。
////////////////////////////////////////////

MQ-1 Iran.jpgプレデターを援護していたのは、恐らく空母を発進したFA-18でしょうが、イラン空軍機と16マイルまで接近は穏やかではありません
尖閣周辺の日中のにらみ合いもそうですが、偶発的な接触又は衝突事案が生起しないことを祈るばかりです。

前回は大統領選挙のタイミングもあり、事象発生から10日以上経過後の発表でしたが、今回はスムーズなようです。
ヘーゲル国防長官の下でも、リトル報道官は引き続き職務継続のようですね。

タグ:イラン F-4 MQ-1
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0