So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

RIMPACに中国軍が情報収集艦を派遣 [中国要人・軍事]

Beijixing-851.jpg18日付米海軍協会web記事が、中国海軍(艦艇4隻)が米国の招待で初参加している環太平洋海洋演習RIMPACの演習海域周辺で、中国海軍の情報収集艦が活動していると報じています。

想定対象国の演習に同様の情報活動を行うことは、各国がそれなりに行っていることですが、自国が参加している演習にこのような活動を行うことは異例で、早くも米議会から「二度と中国を参加させるな」との声も挙がっているようです

何度かご紹介したように、RIMPACは米海軍が主催する世界最大の海洋演習(隔年開催)で、今回は23カ国から、艦艇50隻、航空機200機、兵員2.5万人以上が参加しており、6月末から8月初旬までの予定でハワイを中心に行われています。
米国関係者は中国の初参加を、米中軍事関係が発展している証拠だと機会ある毎にアピールしてきたところでした

18日付米海軍協会web記事によれば
Beijixing-PLAN.jpg●18日、米太平洋艦隊報道官のDarryn James大佐は「太平洋艦隊は、ハワイ周辺の米国領海外で活動している中国海軍の電波情報収集艦の動きを、継続的にモニターしている」と述べた
●同大佐は「同艦艇は約1週間前から周辺海域に止まっている」、「国際法に則った活動を行っている」、「同情報収集艦はRIMPACを妨害するような行動は取らないと思うが、周辺海域に止まるだろうと考えている」と説明した。

●James報道官は「同艦艇の活動目的や能力については、中国海軍に問い合わせるべき事項だ」と述べたが、RIMPAC参加の中国海軍関係者は、当方の質問に回答をしていない
●関係筋によると、18日現在、同情報収集艦は空母レーガン戦闘群約50隻が演習活動をしている近傍に遊弋している模様。
●情報筋は、同艦がDongdiao-classの情報収集艦AGIで、周辺の電波情報や通信情報の収集用に建造されており、中国海軍が3隻保有する内の1隻らしいと語った

Erickson-china.jpg米海軍大学のAndrew Erikson氏は、東海艦隊所属の「Beijixing」(艦番号851)だろうと分析し、「Beijixingは中国海軍の最新の情報収集艦の中でも最も活発に活動し、経験豊富な艦艇で、日本周辺海域で活発に活動している艦艇だ」と述べた
●Erikson氏はまた、「中国艦艇が4隻も参加し、ほとんどの演習活動に参加しているのに、なぜ情報収集艦を配置しているのか? 中国が実施する同様の演習に、他国が情報収集活動を行う口実を与えるだけなのに」と疑問を呈した

Forbes.jpg●下院のRandy Forbes議員(軍事委員会シーパワー小委員会委員長)は「他の20カ国以上の参加国が演習を行う中、同海域に情報収集艦を送り込むような事をするのが中国だ」、「中国はもはや責任感あるパートナーではない。今回のRIMPACが彼らの最後のRIMPACに成るだろう」と声明を発表した
//////////////////////////////////////////////

中国軍は何を考えているのでしょうか? 世の中は中国を中心に回っているとの「中華思想」そのものの見方なのでしょうか? 
この情報収集艦がハワイ周辺で活動を開始したのは、米海軍トップのグリーナート大将が中国訪問を始めた時期と一致します。

米太平洋艦隊報道官が言うように、色んな国がやっていることですが、初参加のこの演習で、自国艦艇が参加していながら、米側の神経を逆なでするようなタイミングで・・

「米海軍トップの訪中」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-07-16

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0