So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中国が無人機とスパコンの輸出規制へ [中国要人・軍事]

本サイトのFacebookとTwitterもご活用下さい!
Facebook→http://www.facebook.com/holylandsonettokyo
Twitter→https://twitter.com/Mongoose2011
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

DJI drone3.jpg2日付中国国営の新華社通信は、中国政府が高性能無人機と高性能コンピューター輸出監視強化に乗り出したと報じている模様です。

インドが領有権紛争があるカシミール地域で飛行させていた偵察用無人機を、2週間ほど前にパキスタン軍が撃墜したと発表し、インドが使用していた無人機が中国製だったと報じられた直後だけに、色々と憶測を呼んでいるようです

2日付Defense-News記事によれば
DJI drone.jpg●2日付中国国営の新華社通信は、中国が特定の無人機や強力なコンピュータの輸出管理を強化し、当局が「国家安全保障に関わる情報漏えい」が無い様に企業に登録を命ずることになると報じた
●新華社によれば、8月15日以降、特定の能力を持つ無人機やコンピュータを製造する企業は、輸出前に中国当局に対し、製品の詳細な技術データを届け出ることが義務付けられる模様

●中国商務省と中国税関が示した基準によれば、無人機の場合、1時間以上連続飛行が可能で、高度15,420 meters (50,000 feet)以上を飛行(原文のまま)するものが事前登録の対象になる模様
2015年の1月から5月の間だけで、中国は16万機の無人機を輸出(150億円相当)しており、年間輸出数で見ても7割増となっている。

Kashmir spy drone.jpg世界市場の7割をシェアを持つ(dominates 70 of the global market)中国無人機メーカーのトップである「DJI」は、同社の製品は「今回の輸出管理の対象にはならない」と声明を発表している
●同社はまた、政府の規制の狙いは軍事技術の輸出規制にあるのではないかと声明で示唆している

●中国政府によるこの輸出管理強化は、インドが領有権紛争があるカシミール地域で飛行させていた偵察用無人機を、2週間ほど前にパキスタン軍が撃墜したと発表し、インドが使用していた無人機が中国製だったと報じられた直後に発表されている

高性能コンピュータに関し
Tianhe-2.jpg●また中国当局は、高性能コンピュータの輸出管理も強化することにした。これは中国が、長らく日米がリードしてきたスーパーコンピュータ開発分野で獲得した中国優位の地位を守ろうとしているからかもしれない
2013年の6月以来、中国製のスパコン「Tianhe-2:天河二号」が世界最高の性能を誇っている。
//////////////////////////////////////////////////////////

あの中国政府も、中国民間企業の金儲け主義を規制するのに苦労されているようです。ご愁傷さまです。
案外、中国が無秩序に世界中に売りさばいた中国製兵器やハイテク製品で、中国自身が痛い思いをするのかもしれません。

こんなことを戒める「中国の故事」がなかったでしょうか???

中国軍事カテゴリーの記事は・・・
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300801487-1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0