So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

北朝鮮は生物兵器を保有するのか? [安全保障全般]

在韓米軍兵士は天然痘と炭そ菌のワクチン接種がマスト

b weapon.jpg10日付ワシントンポスト紙が、煮詰まりつつある北朝鮮情勢に絡め、北朝鮮の生物兵器の現状を様々な角度から考える記事を掲載しましたので、実態はよくわからないながら、本件に関わる関係者の取り組み具合が興味深いのでご紹介します

現状を記事から端的に推測すると、北朝鮮は炭そ菌や天然痘やコレラやペスト菌等の生物兵器病原体を保有し、輸入規制をかいくぐって大量生産用の最新機器も保有し、生物兵器研究の情報や研究者へのアプローチを活発化しているが、兵器化する「GOサイン」はなぜか出ていないようだ・・・・の状態らしいです

生物兵器は、拡散状況が目に見えず、効果の確認に時間がかかり、敵味方を問わず影響を与える可能性が高く、後始末に必要な労力が膨大な可能性があるなど、派生的なリスクが高い兵器として、ロシアさえも腰を引いた状態だと認識していますが、北朝鮮はどうなのでしょう・・・

10日付ワシントンポスト紙によれば
b weapon3.jpg北朝鮮が2006年に最初の核実験を行う5か月前、米国情報機関が議会提出の分析で、北朝鮮は秘密裏に生物兵器に取り組んでおり、炭そ菌や天然痘病原体を保有し、専門家チームを編成しているが、特定の技術スキルに欠けていると報告している
●しかし10年が経過した今、課題はなくなり始めており、北朝鮮は着実に生物兵器製造装置の獲得に近づいていると米国やアジア専門家は見ている。

ただし北朝鮮指導者が、サンプル状態にある病原菌の兵器化や大量生産を命じた証拠は確認されていない。「北朝鮮が生物兵器の原型を保有していることや、製造技術を磨いていることは様々な点から知られているが、なぜ兵器化しないのかは謎である」と専門家は述べている
●一方で、北の指導者が生物兵器の大量生産と兵器化を命じたとしても、西側がそのことを迅速に知ることができるかは疑問である

2015年6月6日の衝撃映像
b weapon2.jpg2015年6月6日、金正恩が新たに建設された農薬研究所を視察する映像が国営放送で放映されたが、北朝鮮軍が所有して運営するその施設の内部に、高価な大量生産用の菌培養槽や、菌を散布しやすくする粉末製造用乾燥装置が映像上で確認された
●これらの最新装置は北朝鮮への輸出が禁止されている生物兵器製造につながる装置であり、専門家らは「この北朝鮮研究所が生物兵器製造施設であることを否定することは難しい」、「現時点で生物兵器製造に使われていなくても、近い将来に可能になるだろう」との見解を示していた

農薬を入手しようとすれば中国から安価に入手可能なのに、このような高価な装置を入手する必要性がないこと、同装置に外部につながる配管がないこと等が、生物兵器製造用であるとの見方の理由である
●一方で、生物兵器施設なら厳重な気密服を着る必要があるが、そのような様子は全く映像から確認できなかったことから、生物兵器との関連を否定する意見もある。生物兵器の大量製造装置を保有していることだけは確かであるが・・・。

共通する見方
b weapon4.jpg北朝鮮による生物兵器の保有と使用のリスクに備え、在韓米軍兵士は天然痘と炭そ菌のワクチン接種を行っており、同時にこれら大量破壊兵器への対処検討や備えに多くの時間を割いている
●しかし、北朝鮮の本当の生物兵器関連能力や、北朝鮮の意図を分析することは、米国情報機関にとって極めて難しい課題である。

米国と韓国の情報機関は一般的に、北朝鮮は炭そ菌、コレラ、ペスト、天然痘の実験を行っていると分析している。また米国の専門家は、1980年代と90年代に脱北した北朝鮮兵士の血液から天然痘の抗体が見つかっていることから、北朝鮮が天然痘ウイルスを保有していると見ている
●この分析は、北朝鮮から亡命者やロシア情報機関も共有しており、ロシア機関は「天然痘と炭そ菌を含む4種類について、高等な軍事生物研究を行っている」とのレポートを出している

技術的な取り組み
北朝鮮研究者が論文を発表することはあまりないが、2015年に中国研究者と共に、北極圏深くのノルウェー領の島の氷河から、未知の病原体を発見したとの論文を発表している
●このほかにも北朝鮮は、海外の関連の企業や研究機関や研究者との関係者との関係構築に取り組んでいることが知られており、ネット検索でも北朝鮮がバイオテクノロジー関連に強い関心を示していることが確認できる

b weapon5.jpg技術と能力はあるが、北の指導者がそれ以上をまだ命じていないとの見方であり、政治的決断があれば事項出来るとの見方が有力である
●元CIAの関連分析官であった人物は、北朝鮮の大量破壊兵器への姿勢を表現し、「核兵器についてはオープンに語って抑止力にしようとしているが、化学兵器と生物兵器は異なる。化学と生物兵器は表に出さない。真のオプションである。彼らは否定出来る可能性を維持しているのだ」と語っている
//////////////////////////////////////////////////////////////

勘弁してほしいよなぁ・・・生物兵器・・・。病原菌の存在を確認することが難しく、疑心暗鬼を呼ぶ兵器です

そこに生物兵器が保管されている場所が判明しても、爆弾を落として焼き尽くすとか、消滅させるとかが確実に可能な保証はなく、対応が極めて難しい兵器です

北朝鮮関連の記事
「地上部隊侵攻しかない」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-11-07
「グアムの弾薬10%増強」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-10-21
「米陸軍が対北朝鮮に緊急準備開始」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-10-12

「米軍事メディアが北朝鮮騒ぎを」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-08-14
「グアムで住民に核攻撃対処要領」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-08-15

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。