So-net無料ブログ作成

女性初の米空軍戦闘飛行隊長は上官にレイプされていた [米空軍]

故マケイン上院議員の議席についた元A-10操縦者
空軍退役後18年、上院軍事委員会で明らかにする

Martha7 .jpg6日、元A-10パイロットで女性として初めて戦闘任務飛行を行い、更に女性初の戦闘航空機飛行隊長を務めた経験を持ち、現在は上院議員を務めるMartha McSally議員が、上院軍事委員会で現役時代に上官(a superior officer)にレイプされたと発言しました。

当日の上院軍事委員会は、米軍内の性的襲撃やハラスメント事案を調査し処罰等を検討する審議会メンバーから、問題発生部隊の指揮官を外すべきだとする規程改正を審議するために開催され、McSally上院議員は「反対」、つまり部隊指揮官は処罰にも関与して責任を果たすべきとの意見を述べる中で、自身の体験を明かしました

McSally議員については、昨年8月に亡くなったマケイン上院議員の議席の空席を埋める議員に指名されたことを昨年12月にご紹介し、女性軍人の道を切り開き、退役後も政界で活躍する様子を「東京の郊外より・・・」でも取り上げてきましたので、なんとも重苦しい気分です・・・

6日付Military.com記事によれば
McSally.jpg●同議員は「加害者はその立場と権力を悪用する。一つの事例として、私は上官の餌食となりレイプされた」と同委員会での同議員のオープニング発言で述べた
●そして、正式に同時案を報告することはなかったと述べたが、一方で、性的襲撃事案が軍内で問題となり始める中で、他者に自身が襲われたことを相談したこともあったが、だれも真剣に対応してくれなかったと語った

●「多くの私のような犠牲者と同様に、このような軍のシステムにより何度も繰り返しレイプされたように感じた」とも同議員は述べた

●2018年春の米国防省報告書によれば、2017年に5277名の米軍人が性的襲撃を受けたと訴え、その数は前年から10%増となっている
●McSally上院議員は、過去30年間に性的襲撃の訴えに対する米軍の対応は大きく改善し、その背景には勇気をもって訴えた被害者の声が大きな変化を生んだと感謝した

McSally2.jpg上院軍事委員会の審議事項に関し同議員は、「部隊長にはその部隊の高潔性や優秀さの背景を与える職務」があり、部隊長は意思決定や調査プロセスに関与すべきだと主張した
●また、「我々は、指揮官が指揮官であることの原点であるモラルに対する責任と指揮官が一体であることを認めなければならない」とも表現した

●同議員の発言を受け米空軍の女性報道官は、同上院議員に対する犯罪は「米空軍兵士としての全ての側面に違反する」、「同上院議員の経験に驚き、残念に思う。我々は同議員と全ての性的襲撃犠牲者と共にある」とコメントした
///////////////////////////////////////////////

米軍の中で女性の道を切り開いてきた人物で、政界に飛び込んでからも、議員スタッフから選挙に出馬し落選、臥薪嘗胆後に下院議員を2期務め、上院議員に挑戦して落選。しかしその人柄や働きぶりからマケイン議員の議席を任されることになった女傑です。

その経歴は以下の過去記事通りです
https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-12-19

重苦しい話ですが、避けて通れないとも思い、取り上げました。米軍の、そして米空軍の闇深し・・・ということです

米空軍のA-10全廃案関連
「2名の女性議員が大反対」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-01-22
「米陸軍は全廃容認」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-05-29
「視界不良:A-10議論」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-05-07
「F-35整備員問題は何処へ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-01-18
「米空軍:A-10はあくまで全廃」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-09-15

関連の記事
「女性兵士の装具改善に時間必要」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-05-13
「今頃・・女性兵士にフィットした飛行服等に改良へ」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-04-07
「女性初のF-35操縦者」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-05-08
「女性だけの編隊で攻撃」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-04-04

軍での女性を考える記事
「自衛隊は女性登用に耐えられるか」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-09-10
「女性特殊部隊兵士の重要性」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-03-28
「Red Flag演習に女性指揮官」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-07-19

「米国防省:全職種を女性に開放発表」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-12-05
「ある女性特殊部隊員の死」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-10-27
「珍獣栗田2佐の思い」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-05-17
「2012年の記事:栗田2佐」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-06-11

「性犯罪対処室が捜査対象」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-07-04
「性犯罪は依然高水準」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-05-06-1

女性と徴兵制
「前線にも:イスラエル」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-12-27
「究極の平等:ノルウェー」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-06-16
「社会福祉選択肢もオーストリア」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-01-22

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。