So-net無料ブログ作成

米海兵隊は特殊作戦軍を廃止せよ!? [Joint・統合参謀本部]

海兵隊OBの重鎮研究者が提唱の廃止案
議会にも賛同者が出て次期海兵隊トップは火消しに

Berger.jpg4月8日の週、次期海兵隊司令官の候補者として上院軍事委員会に臨んだDavid Berger中将は海兵隊は特殊作戦軍を廃止してアジア太平洋地域での着上陸作戦準備に集中すべきとの提言レポートへの見解を議員から問われ、米海兵隊は統合特殊作戦部隊が求めている前線小部隊のリーダーシップを担っていると反論しました

話題の提言レポートは、3月21日に海兵隊OBであるDakota Wood上席研究員がヘリテージ財団から発表した「Rebuilding America’s Military: The United States Marine Corps」で、海兵隊に特殊作戦分野から手を引くよう提言しています

Wood氏の考え方は・・・
●米海兵隊は、特に(対中国を意識した)アジア太平洋地域での近代戦における新たな着上陸作戦コンセプトや装備が必要だと自ら分析しているが、その能力開発獲得のためにほとんど何もしていない
●米海兵隊は、強固に防御されたアジア太平洋地域の沿岸地域での戦いを勝ち抜くために、限られた資源を注いでいるか再考すべきである
限られた資源で、アジア太平洋地域での新たなコンセプトや装備による着上陸作戦戦に取り組むためには、特殊作戦軍を廃止して資源の再配分を考えるべきである

Dakota2.jpgこの提言レポートが話題になったのは、執筆者であるWood上席研究員自身が、最近まで米海兵隊特殊作戦軍の政策戦略担当顧問を務め、将来の海兵隊に役割を踏まえ、海兵隊特殊作戦軍の戦略・政策・作戦コンセプト・戦術をまとめる仕事に従事し、米海兵隊上層部と共に同特殊作戦軍の将来を議論して実態を知り尽くしている人物だからです

恐らく海兵隊上層部からすれば「裏切り行為」であり、13年前に同特殊作戦軍を創設してからかかわってきたOBからも反論が相次いでいるようですが、海兵隊で20年間優秀な士官として中佐まで務めたWood上席研究員の主張に手を焼いている模様です

12日付Military.com記事によれば
次の海兵隊司令官候補にノミネートされているBerger中将は、「Marine Raiders」と呼ばれる海兵隊特殊部隊員は統合の米特殊作戦部隊に必要不可欠な中核であり、他軍種に比較して発足は遅れたが「考えうる最速で進歩発展している」と上院軍事委員会で述べた
●そして「日々続いている統合作戦において、航空機を投入し、兵站を支え、地上部隊を投入して作戦を遂行しているし、極めて自然に作戦に溶け込んでいる」、「海兵隊特殊作戦部隊の存在で、統合の特殊作戦軍はより良くなっている」と主張した

Berger3.jpg●委員会で質問した Richard Blumenthal上院議員は、元海兵隊員で最近まで海兵隊特殊作戦軍の政策戦略補佐官を務めていたDakota Wood上席研究員の主張である、海兵隊は着上陸任務に資源を集中し、強固に防御された沿岸地域を対象に遂行することになるアジア太平洋地域での作戦に集中すべきだと主張するレポートに関して見解を問いただしたものである
●かつて特殊作戦部隊の偵察部隊に所属していたBerger中将はまた、米海兵隊は統合特殊作戦部隊が求めている前線小部隊のリーダーシップを担っていると反論した

米海兵隊の報道官は、米特殊作戦軍の将来方向について議論は当然行われるべきだとの姿勢を示しつつ、3月にヘリテージ財団から当該レポートが発表された際は、「絶えず変化する安全保障環境を踏まえ、海兵隊や統合戦力がどのように対応すべきかを考える議論の一側面に過ぎない」とコメントしている
//////////////////////////////////////////////////////////

Berger2.jpg対テロから中露との本格紛争に舵を切る米軍の苦悩の一側面ですが、陸海空軍より大きく遅れて特殊作戦軍を編成した海兵隊にとって、特殊部隊は存在意義に関わる任務でもあり、一方で着上陸作戦自体の存在意義も問われる時代ですから、海兵隊にとってはその根本にかかわる重い問題です

しかし、その組織の中核にいた人が、組織の外に出た後に、組織の考え方と反する方向で率直に堂々と自らの主張を展開する環境の存在を羨ましく思います

自衛隊のOBにも、言いたいことがある人は一杯いると思いますけどねぇ・・・

ヘリテージ財団の関連レポートwebページ
「Rebuilding America’s Military: The United States Marine Corps」
https://www.heritage.org/defense/report/rebuilding-americas-military-the-united-states-marine-corps

最近の米海兵隊関連の記事
「強襲揚陸艦にF-35を多数搭載へ」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-04-07
「自然災害で施設復旧予算枯渇」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-03-24
「大空に男性器:またやった今度は海兵隊」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-10-28
「米海兵隊が大型無人機開発へ」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-03-17-1

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。