So-net無料ブログ作成

切迫イランの脅威で中東にB-52を緊急展開へ [安全保障全般]

イラン軍が米軍攻撃を準備中との明確な情報あり 

B-52.jpg8日国防省が、イラン軍による米軍攻撃準備に関する明確な情報(recent and clear indications)があることから米中央軍の要請に基づき、空母リンカーン派遣前倒しに続き、B-52爆撃機を中東に派遣すると発表しました

5日にホワイトハウスが、「イランが米軍部隊を攻撃するようなことがあれば、穏やかならざる戦力で反撃されるだろう」とし、空母と爆撃機部隊の派遣を明らかにしたことを受けた具体的な行動です

空母リンカーンの中東派遣は以前から計画されていましたが、本情勢を受け臨時国防長官が派遣を早めるよう指示したようです。

Lincoln.jpg米空軍大型爆撃機は、911事案以降、ほぼ絶え間なくB-52とB-1が交替でカタールのアルウデイド基地に前方展開していましたが、3月にB-1が帰国し、IS作戦も落ち着いてきたことから、「爆撃機は打ち止め」説も出ていたところでした

中東のUAEには、4月15日に米空軍F-35が展開し、同30日には初実戦任務を遂行したところですが、この展開をイランと絡めて説明する報道もあったところです。

7日付米空軍協会web記事によれば
米国防省関係者は、B-52を何機派遣するのか、どこの基地から派遣するのかを明らかにしなかったが、イラン軍による米軍攻撃準備の兆候を受け戦力派遣要請を開始し、今も「number of credible threat streams」なイランの動きに関する情報を入手していると明らかにした
米国防省はそれが如何なる脅威なのか、どのぐらいの数の攻撃準備情報を把握しているのか明らかにせず、中央軍もB-52展開の具体的な内容については明らかにしなかった

B-52 Guam4.jpg声明で米国防省は、「爆撃機派遣部隊は、当該地域における米軍部隊と利害を守るために派遣される」と述べている
米本土バーススデール空軍基地所属のB-52部隊の一部は、最近欧州展開から帰国したところである。またミノット空軍基地所属のB-52の一部は、現在グアム島にCBP(continuous bomber presence)の一環として派遣されている
/////////////////////////////////////////////

日本では米中貿易摩擦とトランプ大統領による関税引き上げ問題が大きな話題ですが、イラン情勢は急激に緊迫の度合いを高めています

注意が必要です

米空軍F-35中東展開と初攻撃
「米空軍F-35が初実戦任務」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-05-01
「米空軍F-35Aが中東初展開」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-04-16-1
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。