So-net無料ブログ作成

米国防省と米軍2トップが陸軍出身へ [米国防省高官]

オハンロンら専門家は良い人選で良いペアだと評価
イラン革命防衛隊がMQ-4C撃墜を発表する中で
21日には新臨時長官が職務開始態勢に
ポンペイオ国務長官と陸軍士官学校同期とか

Esper Army2.jpg18日付Military.comは、約10年前の家庭内暴力事案の件で臨時国防長官職を降り、国防長官へのノミネートも辞退したShanahan氏の後任臨時長官に指名されたMark Esper陸軍長官や、9月から統合参謀本部議長に就任予定のMark Milley陸軍参謀総長を取り上げ、マティス&ダンフォードの海兵隊ペアから、陸軍ペアに米国防省2トップが引き継がれる方向について、良い選択だと評価しています

Shanahan4.jpgShanahan氏の急な辞任についてはボルトン&ポンペイオの強引や対外手法についていけないからとのうわさも絶えませんが、報道によれば、2010年と11年に、Shanahan氏が当時の妻を殴ってけがさせた件や、当時17歳の息子がバットで当時の母(Shanahan氏の妻)を殴り骨折させ、妻がエアガンで応酬して息子が刑務所行きとの壮絶な家庭状況が国防長官への承認審査過程で明らかになり、家族を巻き込みたくないとShanahan氏が辞退したと言われています

話題は戻って専門家によれば、新臨時長官のMark Esper陸軍長官は陸軍士官学校卒業で実戦経験も豊富な素晴らしい人物で、新たな統合参謀本部議長との関係も極めてよく、決して米陸軍をえこひいきするようなことがない人物で、議会承認にも、実務上も、優れた選択だとの総評です

整理すると以下の玉突き人事で、陸軍の4名は超関係良好とか
McCarthy陸軍次官→Esper陸軍長官→Shanahan臨時国防長官
McConvill陸軍副参謀総長→Milley陸軍参謀長→Dunford統参議長(秋)

18日付Military.com記事によれば
Esper Army.jpg臨時国防長官になるEsper氏は、1986年陸軍士官学校卒(推定55歳)で湾岸戦争に101空挺師団士官として参加しており、2017年に陸軍長官就任以前は、レイセオン社で諸外国政府担当副社長を務めていた
●Esper氏は陸軍長官として2020年予算案をまとめる際、米陸軍近代化のために約3兆円をねん出するため、186個もの既存事業を廃止または削減したが、この陸軍省内審議の議論の際の態度や発言が多くの称賛を集め、結果として提出した予算案の方向性が米陸軍の評価を高めたことでもEsper長官の名前が広く知られるようになった

●またEsper陸軍長官とMilley陸軍参謀総長は非常に良好な関係で仕事をしており、性格面でも「ケミストリーが合う」間柄で、陸軍次官や陸軍副参謀総長も含めた4名間でも、完全に米陸軍の課題や将来方向について考え方を共有し、議会証言や記者会見でも、役割をきちんと分担して極めて自然に無駄なく対応がなされていた
Milley5.jpg陸軍の長官と参謀総長が、そのまま国防長官と統参議長にスライドする極めて稀な人事となることについて、海空軍等の視点から「偏り」を懸念する声が聞こえてきそうだが、Esper氏もMilley大将も「公平・公正」を形にしたような人物であり、この点を気にする人は見当たらない

●Esper氏の後任で陸軍長官に就任するMcCarthy陸軍次官は、2017年のEsper氏就任直前の80日間、臨時の陸軍長官を務めた経験のある元米陸軍レンジャー部隊士官でアフガン展開の経験がある
次官就任直前はロッキード社でF-35計画に関与しており、次官就任後は米陸軍近代化戦略を主導する立場で2028年までの中期計画を内外に説明して推進した人物として知られている

McCarthy.jpg陸軍長官と国防長官周辺関係者は、職務引継ぎプラン作成と調整に奔走しており、6月21日には新しい臨時国防長官が職務を開始できそうな勢いである
臨時国防長官になるEsper氏が、正式な国防長官にも推挙されるかは現時点で不確定だが、ブルッキングス研究所のオハンロン氏は「良い選択だ」と語り、CSISの国際問題担当の上席顧問であるMark Cancian氏も「ワシントンDC中の人が陸軍内での仕事ぶりを評価している」と表現している
////////////////////////////////////////////////

Shanahan氏にはお気の毒な状況ですが、ボルトン&ポンペイオ陣営との対立とかが背景にないことを祈ります

新しいEsper臨時長官が、かつて重役だったレイセオン関連の業務に関与できない可能性があるのか気になるところですが、イラン問題や中国関係が難しいタイミングでも、スムーズに対応できそうな癖のない実務家だとの評価に、ひとまず安心しました。

空軍長官が交代し、海軍と海兵隊の軍人トップも交代のタイミングですから、円滑な移行を願います

米陸軍関連の記事
「射程1000nmの砲開発」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-01-26-1
「3軍長官が士官学校問題議論」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-04-10
「RIMPACで日米陸軍が訓練」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-07-21
「再びハリス司令官が陸軍に要請」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-11-16
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。