So-net無料ブログ作成

カナダ仕切り直し戦闘機機種選定RFP発出 [亡国のF-35]

本サイトのFacebookとTwitterもご活用下さい!
Facebookhttp://www.facebook.com/holylandsonettokyo
Twitterhttps://twitter.com/Mongoose2011
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

カナダの分け前への配点を高く設定
F-35にもオファーでFA-18やタイフーンが辞退の可能性も
2025年導入開始で、落ち着いた頃のF-35が狙いか?

Trudeau4.jpg7月22日、カナダが老朽化が進んで維持が困難になりつつある138機のCF-18戦闘機の「やり直し」後継選定に関し、昨年から取りまとめを進めていた提案要求書RFPを決定して発出しました。

総額約1兆7000億円と推計されている後継機88機の選定は、まず第一弾の締め切りを2019年秋に設定し、その後2回目の締め切りである2020年春までは提案の修正や再提出を認める形で計画され、最終判断は2022年初めに行い、初号機の機体導入は2025年とのゆったりゆとりのスケジュールです。

「やり直し」機種選定に至る経緯を復習すると
●カナダはCF-18後継を想定して米国主導のF-35共同開発国に加わり、60機購入を計画して約1000億円を投資したが、2015年に誕生したトルドー政権はF-35計画への不信感をあらわにし、F-35購入を少なくとも5年は延期し、白紙的に検討すると発表
Sajjan Canada.jpg●一方で老朽CF-18の穴埋めとして、ボーイング製FA-18の購入を検討し始めたが、ボーイング社がカナダのボンバルディア社を旅客機のダンピングで訴えたことから米カナダ関係が悪化し、新臓器のFA-18購入中止を対抗措置として決定、埋め合わせとして中古の豪州空軍FA-18を18-25機購入すると2017年12月に発表。2018年9月、製造元米国も承認することを表明

5年間延期したCF-18後継機の選定準備を2018年からカナダ国防省が再開し、F-35、タイフーン、ラファール、グリペン、FA-18E/Fを対象として、2018年10月末に提案要求書の案を作成して関係企業からの意見聴取を行っていた
2018年11月、候補対象に挙がっていたラファールを製造するフランスのDassault Aviation社は、情報公開要求が厳しすぎるとしてて選定からの撤退を表明

23日付Defemnse-NewsはRFP発出について
●カナダの兵器調達責任者は23日、「カナダの安全保証を確かなものとする重要なステップを本日踏み出した。我々は適正な価格で、カナダに最も利益の上がる機体を選定できるようなプロセスを考えている」と説明した
●選定においては、技術的側面の評価が6割を占め、残りをコストと経済的利益が2割ずつを占める仕組みを採用するとカナダは明らかにしており、特にカナダが得る経済的利益(economic benefit)の重みが史上最大に高く設定されている

F-35canada.jpg●そして、この経済的利益の評価では、契約文書上でカナダ社会への経済的利益を保証した企業が、最も高い評価を得られるような仕組みを採用している。この点に関してカナダ政府は、今年5月にも「workshare」を保証した企業のポイントが高くなると発表している
●ただ、提案企業側にとっては難しい要求であり、特に部品供給先の選定を定期的な入札方式で柔軟に行おうとしているF-35にとっては、現状で受け入れがたい要求事項となっている

●実際、当時の米国防省F-35計画室長Mat Winter海軍中将は昨年12月、「F-35共同開発国の枠組みと相いれないオファーを受け入れることはできない」と表明し、カナダは既に共同開発国の一員として、約1700億円の部品供給契約を獲得しているとメリットを強調していた
現在の評価方式ではF-35に不利になるが、F-35製造のロッキードマーチンは提案する方向で、23日には「長期的な企業機会を提供しうる最も高性能な戦闘機を提供できるように、選定への参加を楽しみにしている」との声明を出している

FA-18EF2.jpg●一方で、FA-18を製造するボーイングや、ユーロファイターを製造するエアバス社は、この機種選定に参加するか不明確で、9日付ロイター報道では、両社がカナダ政府に対し書簡を送り、ロッキード社(F-35)を選定対象にすることへの不満を述べたと伝えられている
ボーイング社報道官は、「RFPを受領して確認中だが、FA-18を提案するかは未定だ」と述べており、エアバス社もRFPを注意深く確認中であるとメディアに述べるにとどまっている
/////////////////////////////////////////////////

カナダが導入を考えている2025年頃になれば現在入手可能なF-35形態よりはるかに進化し、兵器搭載量も多く、無人機ウイングマンとの連携も視野に置いた「Block 4」が入手可能なります。予定通りであれば・・・

eurofighter.jpgトランプ政権誕生直後は、NAFTAを巡るゴタゴタや、ボーイングとボンバルディアの訴訟合戦など、米カナダ関係は緊迫していましたが、今はあまり聞こえてきません

カナダはうまく立ち回って、生煮えのF-35ではなく、手戻りの無い完成版のF-35をタイミングよく手に入れることになるのでしょうか? なかなか策士ですねぇ・・・

米国とカナダの航空戦争
「カナダ仕切り直し戦闘機選定」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-11-03
「カナダに軍配:旅客機紛争」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28
「カナダが中古の豪州FA-18購入へ!?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-12-10
「米加の航空機貿易戦争に英が参戦」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-09-16-1
「第2弾:米カナダ防衛貿易戦争」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-06-04
「5月18日が開戦日!?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-05-20
「痛快:カナダがF-35購入5年延期」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-11-23

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。